現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取相場を調べる > スバル > レガシィの買取相場・査定価格

スバル レガシィの買取相場・査定価格

スバル レガシィ
※写真は最新グレードの車両です。

スバル レガシィの買取相場データ (2024年6月現在)

平均査定価格
20.0万円
平均使用年数
15年
平均走行距離
100,001~110,000km
査定満足度
3.7
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!

レガシィを売却したお客様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にレガシィの買取価格を比較したユーザーのクチコミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

福井県 30代女性
査定時期 2021年6月
査定満足度 4.0 グレード その他
最高売却額 10.0万円 年式 2003年/平成15年
見積り数 3社:最大9.0万円差 走行距離 150,001~km
ユーザーコメント

担当者の方がとても親切、丁寧だった。苦労をお掛けしましたが、査定額も当初よりアップしていただいた。

宮城県 60代男性
査定時期 2021年5月
査定満足度 4.0 グレード その他
最高売却額 6.5万円 年式 2004年/平成16年
見積り数 5社:最大6.5万円差 走行距離 110,001~120,000km
ユーザーコメント

古くて走行距離も多い車で,値段がつくかわからない状況でしたが,自宅まで査定にきてくれて,丁寧に見ていただきました。買取価格も満足のいくものでした。

神奈川県 50代男性
査定時期 2019年6月
査定満足度 3.0 グレード その他
最高売却額 4.6万円 年式 2004年/平成16年
見積り数 7社:最大4.6万円差 走行距離 90,001~100,000km
ユーザーコメント

買取見積もり書をきちんと書面でいただけたことに加え、契約後に瑕疵が発覚しても振込金額の減額は一切しないという安心感で選びました。とても安心して取引ができたので周りの人にもオートバックス買取を勧めました。 逆に最低だったのが、自分からは買取額を一切言わずにこちらの言い値を値切るというスタンスのビッグモーターは時間ばかりかかって本当に最悪でした。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る※2

※2:2011年9月~現在 当社実績調査による3社以上見積り比較の平均差額

愛車無料一括査定サービスの流れ

  1. ①WEBでお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大10社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②LINEヤフーよりメール

    ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

レガシィ買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

現在 1年後 2年後
現在の走行距離
+1万km
+2万km
シミュレーション結果は、いかがでしたか?
では、実際にあなたの愛車の買取額を調べてみましょう!
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車コラム:スポーティ&スタイリッシュな日本代表ワゴン「レガシィ」

レガシィはどんな車?

日本にワゴン文化を根付かせた立役者と言えるのがレガシィでしょう。初登場は1989年で、水平対向エンジンと4WDシステム(当時はFFもあり)を組み合わせ、抜群の走破性と速さ、スポーティなハンドリング、そして優雅な生活を思わせるクリーンなデザインを実現していました。

当時の日本はワゴンといえば営業用のバンというイメージが強かったのですが、レガシィはそんな日本人のワゴンの概念を大きく変えました。以来スバルの中心的車種として日本だけではなく世界中で高い人気を得ています。2014年からはツーリングワゴンは後継車であるレヴォーグが担うことになったため、レガシィのワゴンは2009年から2014年まで生産された5代目が最後のモデルとなります。

この5代目は需要の高まった北米の意向に合わせてボディを先代よりも全長で95mm、全幅で50mmも大型化し、それに伴いエンジンも2.5L水平対向のNAとターボとなりました。室内も大幅に広くなり、室内長は+350mm、室内幅は+100mm、室内高は+40mmと、それぞれ先代モデルより広くなっています。またそれまでのスポーティなキャラクターに加えて豪華さも加えられたのが特徴で、上質感溢れるインテリアは電動パーキングブレーキも初採用されました。トランスミッションはNAにはCVTが、ターボには5速ATが組み合わされ、6速MTも一部グレードに設定されているのもレガシィらしいですね。2010年には「ぶつからないクルマ」アイサイトも設定されるようになっています。
すでにレヴォーグにその座を譲ってから5年が経過しますが、最後のワゴンボディのレガシィとしていまでも高い人気があります。ぜひ一括査定を試してみてください。

レガシィの人気モデル・グレード

ターボエンジンの基本グレード「GT」


5代目レガシィはターボエンジンを搭載したモデルには全て2.5GTという名が与えられて、そこに必要なパッケージを組み合わせていく方式でした。つまりGTはターボエンジンのベーシックグレードということになります。ベーシックといっても17インチのタイヤ&ホイールやパドルシフト、本革ステアリングホイール、ラゲッジルームからリヤシートを倒せるリモコンフォールディング機能など、必要な装備は備えています。またドライブモードを切り替えられるSI-DRIVEや横滑り防止のVDCも備わっており、285ps/350Nmというゆとりのパワーとトルクで走りを楽しむのにも十分です。質実剛健なグレードとして評価されていますので、ぜひ一括査定を申し込んでみてください。

2LNAと4WDによる素直な走り「RS」


RSはそもそも1989年に登場した初代レガシィで、2Lターボエンジンを搭載した最強グレードに与えられた名ですが、1999年に登場した4代目では、155psの2LNAエンジンを搭載したベーシックグレードにRSの名が与えられました。駆動は4WDですが、5速MTにはビスカスLSD付きのセンターデフ式4WDが、そして4速ATにはアクティブトルクスプリットの電子制御4WDが採用されています。最新のクルマと比べると装備は豊富ではありませんが、フルオートエアコンやデュアルエアバッグ、本革ステアリングに本革シフトノブなどが標準装備されています。レガシィ本来の魅力が味わえるグレードと評価されていますので、ぜひ一括査定を試してみてください。

大排気量NAエンジンが生むゆとり「250T」


レガシィの人気を決定づけた2代目において、2.5Lの水平対向4気筒NAを搭載したグレードが250Tです。他のグレードはすべて2Lであり、大排気量NAのゆとりある走りを実現したグレードだと言えるでしょう。パワーは175ps、トルクは23.5kgmで、今となっては驚くほどの数字ではありませんが、車両重量は1400kgしかないので、気持ちの良い走りが楽しめます。エアスクープのないボンネットや15インチのアルミホイールなど、主張しすぎないルックスも大人のユーザーには好まれるでしょう。ぜひ一括査定を申し込んでみましょう。

買取カービューが中古車買取・査定サービスで選ばれる理由

買取カービューで査定した時の事例イメージ

  1. 買取カービューは、2000年5月に中古車査定仲介サービスを開始してから、これまで450万人以上にご利用頂き、実績は業界でもトップクラスです。

    また、LINEヤフー株式会社はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しており、協会と連携して安全・安心なサービスをユーザーに提供することをさらに追求するとともに、今後もユーザーが愛車の売却時に要望される「より高く売却したい」を、サービスの提供を通じて実現したいと考えております。

    この実績と安心に対する取り組みにより、これまでも多くの皆様に選んで頂いております。

  2. これまで車の査定といえば、ディーラーでの車の購入時の下取りが全てでした。ディーラーの下取り金額に満足ができない人が、車の買取専門店を利用するようになり、近年では買取専門店での買取も一般的になってきました。ところが、買取専門店に1店舗ずつ来店するのはとても大変で時間がかかってしまうため、複数の買取店の査定金額を比較しようと数店舗まわるだけで、せっかくの休日がつぶれてしまいます。

    買取カービューをご利用頂ければインターネットからの査定申込を一度するだけで、最大10社のいろいろな買取店に同時に一括査定依頼ができるので、1店舗ずつ訪問してまわる必要はありません。10社の買取店から提示された査定額の中から、一番高い査定額を提示したお店を選ぶだけで簡単に最高値で車を売ることができます。もちろんサービスは全て無料です。査定するお店の数は基本的には多い方が高い査定額が出やすくなりますが、多すぎてもその後の対応が手間になってしまうことが多いため、買取カービューでは査定するお店の数を最大10社までと制限しています。

    実は買取店には買取車種の得手不得手があり、外車なら高値で買取ができるお店や、スポーツカーなら高値が出せる、ミニバンがとても欲しいので査定額を頑張れる、などお店によって査定額は大きく変わってきます。買取カービューの提携する査定事業者数はなんと200社以上。TVCMなどでおなじみの大手の買取店から、車の販売会社、専門店まで幅広く提携しています。そのため、いろいろな買取店の査定額を比較して選ぶことができるので、査定額に差が出るのも納得ですね。

  3. 車の査定というと、いろいろな書類が必要で、いちいち調べなければ分からないことを聞かれたりなど、とても面倒で時間がかかるイメージをお持ちではありませんか?

    買取カービューでの査定のお申込はとても簡単です。インターネットから査定金額を知りたい車の「メーカー・モデル・年式・走行距離」を入力頂くだけ。走行距離も5,000km単位の入力なので、実際に車まで行ってメーターの確認をする必要もなく、車検証に記載されている情報の入力や、面倒な書類の確認なども不要です。パソコンでの入力が不慣れな方でも約45秒で入力完了いただけます。もちろんパソコン・スマートフォンのどちらからでもご利用いただけますので、好きな時間に好きな場所からご利用いただくことができます。

査定会社申込み数ランキング

買取カービューの愛車無料査定は提携社数300社以上。有名店から地域密着専門店まで網羅しています。JPUC認定の適正買取店も参画中。自宅近くの査定会社もきっと見つかります。

買取相場を左右するポイント

車買取において重要な点は、自分の愛車の価値を把握し、最も高値を提示してくれる人やお店を見つけることです。どちらも簡単なように思えますが、愛車の価値の把握も最高値を提示してくれる人やお店を見つける方法も意外と知られていないようです。

  1. Point

    もっとも買取相場を左右するポイントが車種の人気度で、「現在、この車種を欲しい人がどれくらいいるか?」です。欲しい人が多ければ、買い取った車がすぐに売れるため高値を提示することができます。逆に欲しい人が少ないと買い取っても売れない可能性があるため、低い金額を提示せざるを得ないのです。

  2. Point

    車の査定時にチェックされるのが車の「年式」と「走行距離」です。もちろん年式は新しいもののほうが評価が高く、走行距離は少ないほど査定額が高くなる傾向があります。ただし、ほとんど使われずに放置されていたものは故障が起きやすくなっていたり、使用頻度が高すぎてもパーツの磨耗などが早くなったりするため、年式に対して極端に走行距離が少なすぎるものや、短い期間に過度に走行しているものは敬遠される傾向があります。1年間に8,000km~10,000kmの走行が標準的な利用だといわれています。

  3. Point

    次にチェックされる点としては、オプションの有無になります。車は購入時にオプションをつけることができますが、そのオプションの内容によって大きく査定額が変わってきます。付いているオプション品は基本的にはプラス査定となるのですが、プラスが大きいのは「メーカーオプション」と呼ばれる、サンルーフや革シートなどの後からつけることができないオプションです。次にプラスとなるのがディーラーオプションと呼ばれる、販売店で装着するオプションです。カーナビやアルミホイールなどが該当します。

    モデルによって大きく評価が変わってくるのがオートバックスなどのお店でつけることができる「社外品」のオプションで、次に購入する人が欲しいと思うようなものであればプラス要素、いらないと思うものであればマイナス要素となります。ただし、元々ついていた純正パーツがあればマイナスにされることは無いので、車のカスタムをする際には純正パーツは保管しておくことをお勧めします。

    また購入時に選択するボディカラーも査定額に影響します。人気の色は白と黒で、パールやメタリック塗装が好まれる傾向にあります。それ以外の色でも、例えばフェラーリだと「赤」のような、その車種のイメージカラーだと査定額が高くなることがあります。

  4. Point

    車の売買をするときによく話題になるのが、外装の傷です。実は傷は買取店で簡単に直せるので、傷の有無自体はそれほど査定額に影響しません。査定額に影響するのは、フレームレベルまで損傷してしまった事故歴がある場合や、内装のひどい汚れや破れ、またペットやタバコなどの匂いはマイナス査定になる場合がほとんどです。

一括査定の買取サービスを利用するメリット

売り方 メリット デメリット
一括査定
一括査定
  • 査定依頼がWEB上から短時間で複数社にできる。
  • 複数買取店の査定金額を比較できる。
  • 出張査定対応可能。
  • 中古車市場で人気の高い車は、ディーラーよりも査定が高くなる事が多い。
  • 実査定のために複数買取店とスケジュールを調整する必要がある。
  • 基本的にはすぐの引き渡しになるため、代車が確保できない場合は生活が不自由になることがある。
    代車は貸してくれるの?
  • 地域によっては出張査定依頼が可能な買取店や、買取車種に制約がある。
ディーラー下取り
ディーラー下取り
  • 車を売る手続きと車を買う手続きを同時に行うことができる。
  • 確実に代車を利用できる。
  • 一般に買取り価格(下取り価格)が中古車買取業者よりも低いといわれている。
  • 手放す車の下取り額とこれから買う車の値引き額が曖昧。
    高く下取りした分値引きを押さえる「値引き充当」をされることもある。
  • 車を現金化できない。
ネットオークション
ネットオークション
  • 個人間で売買する場合、中間業者を省けるので高く売れる可能性が高い。
  • 写真や説明文の作成など出品手続きが必要。
  • 買い手がつかない場合もある。
  • 売買成立時の名義変更手続き等をすべて自分で行わなければならない。
  • 「代金の未払い」や「名義変更されずに自動車税の請求が来る」などのトラブルになることもある。
個人間売買
個人間売買
  • 個人間で売買する場合、中間業者を省けるので高く売れる可能性が高い。
  • 売買成立時の名義変更手続き等をすべて自分で行わなければならない。
  • 「代金の未払い」や「名義変更されずに自動車税の請求が来る」などのトラブルになることもある。
最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る※2

※2:2011年9月~現在 当社実績調査による3社以上見積り比較の平均差額

愛車無料一括査定サービスの流れ

  1. ①WEBでお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大10社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②LINEヤフーよりメール

    ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

車買取・中古車査定のお役立ち情報

査定ガイド

満足のいく車の乗り換えをしたい方は必見。せっかくの車の乗り換え機会だからこそ、高い査定額で売却したいですよね。高い査定額を実現するには、まずはどんな車が高額査定となるか情報を得ることが大事です。ここでは「査定の流れ」から「高額査定のポイント」まで様々な情報をご紹介していきます。

買取ガイド

車の乗り換えを検討しているけど、実際に乗り換える時の方法や流れなど細かいことがわからなくて困っている方も多いかと思います。また、車をスムーズに買取してもらうには多くのステップをクリアしていく必要があります。ここでは車の買取における「基本」から「注意点」、「高額に買取してもらうためのポイント」をご紹介していきます。

売却ガイド

車をいざ売却しようとしたときに、「車を売る流れ」や「高額で売却する方法」がわからない方多いのではないでしょうか。後悔しない車の売却を目指すなら、事前に情報を得ることはとても重要です。ここでは「車の売却方法」や「車の高く売れる時期」など売却に関するお得な情報ををご紹介していきます。

下取りガイド

車売却時に、「ディーラーの下取り」と「車買取店での買取」どっちがお得なのか?と迷う方も多いのではないでしょうか。「下取り」と「買取」ではどちらもメリット・デメリットがあります。ここでは、それぞれを比較した上でどちらがよりお得なのかをご紹介していきます。車を高く売りたいという方は必見です。

よくあるご質問

  1. 回答1

    買取後の流通経路の違いにあります。中古車買取店や中古車販売店では買取った車がすぐに現金化されるように、流通経路が確立していており、ディーラーの下取りよりも簡単に利益が確定します。下取りではかかってしまう、流通コストの削減によって得られる差額を査定金額に還元しているので下取りよりも買取のほうが高く売れることが多くなります。

    詳しくは「 下取りと買取りどっちがお得?」をご覧ください。

  2. 回答2

    車の査定時に必要な書類:車検証/自賠責保険。

    車の売却・下取り時に必要な書類:自動車税納税証明書/実印/印鑑登録証明書/譲渡証明書/委任状。

    これに加えて、下記の書類が必要になる場合もあります。

    住民票/戸籍の附票/戸籍抄本・謄本/申立書/相続に関する書類/所有権解除書類

    詳しくは「 車の査定・売却に必要なもの」をご覧ください。

  3. 回答3

    小さな傷・凹みであれば大きな減額査定になることはありません。ほとんどの買取店には安く修理できる仕組みがあるため、傷や凹みがある車でも買取後に安く修復できるのです。そのため、多少の傷や凹みであれば、大したマイナス査定・買取にはならないのでご安心ください。事故経験があるクルマについては、事故による損傷の度合いにより買取額は左右されます。例えばクルマの骨格にあたるピラーを損傷した場合などは「事故車」の査定として扱われることがあります。

    詳しくは「 傷・凹みや事故経験があるクルマも売れるの?」をご覧ください。

  4. 回答4

    車買取店では、売却日と納車日までの間は無料の代車サービスを用意してくれるケースが多くあります。買取店で代車の提供が難しい場合は、次の車を購入する店舗で代車を手配してくれる場合もあります。お申込み時に、買取店に直接聞いてみましょう。買取店で代車の提供が難しい場合は、次の車を購入する店舗で代車を用意してくれる場合もあります。ご自身の車買換えスケジュールに合わせサービスをご利用ください。

    詳しくは「 代車は貸してくれるの?」をご覧ください。

愛車無料一括査定サービスの流れ

  1. ①WEBでお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大10社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②LINEヤフーよりメール

    ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2022年11月時点 当社調べ