おすすめの口コミ

40代女性

査定満足度:5.0

査定時期:2016年5月

グレード
不明
年式
2012年/平成24年
走行距離
75,001~80,000
各社査定額
125.0万円140.0万円
差額
15.0万円(査定会社数:8社)
はじめての車売却で何もわからない状態の上、色々な手続き、心配事にとても親切にに応対していただきました。他の数社の方々も親切に応対していただきましたが、こちらの出した条件や約束事を一番誠実に守っていただけたのがユーポスさんだったので決めました。もともと査定価格で決めるつもりはなかったのですが、結果、査定価格も一番高額でしたので、とても満足していますし、感謝しています。ありがとうございました。m(__)m

50代男性

査定満足度:5.0

査定時期:2015年12月

グレード
スーパーGL“ダークプライム”ロング・ワイドボディ・ミドルルーフ・標準フロア_5人乗り_5ドア(AT_2.7)
年式
2015年/平成27年
走行距離
10,001~15,000
各社査定額
240.0万円245.0万円
差額
5.0万円(査定会社数:3社)
各社横並びの査定額で、オプションについての加算が全くないです。メーカーオプション装備の大半は、後から取り付けできないものがほとんどですので、大手の買取専門業者よりディーラーでの下取りや個人店舗への売却のほうが50万円ほど高い結果となりました。

50代男性

査定満足度:3.0

査定時期:2015年1月

グレード
不明
年式
2005年/平成17年
走行距離
150,001~
各社査定額
30.0万円30.0万円
差額
0.0万円(査定会社数:3社)
今回ビックモーターさんが一番最初に査定をしましたが、少し強引なところもあるかなと思いつつも、金額的にはほぼ納得したので、他の2社のかたも査定の約束をしていましたがビックモーターさんが他社の査定を受けると最初の査定額は保証できませんといわれたので、仕方なく他社さんには断りの電話を入れました。

40代男性

査定満足度:4.0

査定時期:2013年10月

グレード
不明
年式
2002年/平成14年
走行距離
150,001~
各社査定額
15.0万円25.0万円
差額
10.0万円(査定会社数:4社)
ほかの3社は 車を引き取った後 査定では わからなかった所は あとから査定額が 下がると言われたが ジャムコは 隅々まで説明しながら一緒に見たうえで 査定額は 変わらないと 言われたから。

40代男性

査定満足度:4.0

査定時期:2012年6月

グレード
スーパーGL
年式
1995年/平成7年
走行距離
150,001~
各社査定額
8.0万円22.0万円
差額
14.0万円(査定会社数:5社)
一番熱心だったことに加えて最終的には予想をはるかに上回る金額を付けてくれたことで決めました。(少々強引なイメージではありましたが)最初の提示金額の3倍で決まったのには多少??な部分もありますが、結果オーライです。

40代男性

査定満足度:4.0

査定時期:2012年3月

グレード
不明
年式
2003年/平成15年
走行距離
120,001~130,000
各社査定額
15.0万円35.0万円
差額
20.0万円(査定会社数:5社)
買取り価格が最も高かったので、最終的に売却を決めましたが、出張査定の依頼をしていないのに、連絡もなく翌日訪問されたのは、如何なものかと思いました。査定を依頼して日時の取り決めをしていたのに、連絡もなくすっぽかされ、その後連絡もなしという会社も1社ありました。

ハイエースバン 買取相場シミュレーター

国内のあらゆるマーケットデータを元にカービューが独自に算出したものです。
実際の車のグレード・コンディションなどにより異なる場合があることをご了承ください。

年式
グレード
走行距離

シミュレーション結果
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

車の状態や買取店ニーズによって価格は変動します。実際に査定してもらおう!

メーカー
モデル
年式
走行距離

車コラム:50年以上日本の商業を支える超ロングセラー「ハイエースバン」

ハイエースバンはどんな車?

ハイエースの歴史は古く、初代モデルのデビューは1967年2月。現行のH200系は2004年8月に登場した5代目となる。
商用車はモデルチェンジのタイミングは遅く、H100系4代目ハイエースも15年生産が続けられている。H200系もH100系に続くロングセラー車であり、高い人気を保ち続けている。ハイエースバンのバリエーションは4ナンバーの標準ボディ(ロング)にそれぞれ標準ルーフとハイルーフ、1ナンバーのワイドボディ(ロング)、ワイドボディ(スーパーロング)でこちらも標準ルーフとハイルーフが設定されている。このワイドボディは5代目からの設定となり、全幅は1880mm。また、ロングボディは3000mm、スーパーロングでは3540mmのクラストップレベルの室内長を確保している。ボディは衝突エネルギー吸収構造と前席の足元空間の確保し、ステアリング&ブレーキペダル後退低減機構の採用、WIL(頭部傷害低減)コンセプトシートを採用するなど、安全性能を向上させている。

デビュー当初のエンジンは2.5リッターのディーゼルターボと2.0リッターと2.7リッターのVVT-i付きガソリンの3タイプ。インパネは乗用車的なデザインでゲート式4速ATと5速MTをインパネシフトとした。最上級グレードのスーパーGLには左右セパレートシートを採用し、前後のシートをフルフラットにすることも可能である。

2007年8月のマイナーチェンジではフロントグリルやシート表皮を一新。ワイドボディにも「スーパーGL」が設定されている。可変ノズル式ターボを装備した3.0リッターディーゼルターボを新搭載し、新長期排出ガス規制に適合させている。

モデリスタからリリースするカスタマイズパーツも豊富に用意され、今回のマイナーチェンジを機にエアロパーツを装着した「モデリスタバージョンⅡ(標準ボディ)」、「エアロツアラー(ワイドボディ)」を設定。本革調シートカバーや木目調インテリアパネルなどが選択できる「モデリスタセレクション」も用意された。

2010年7月のマイナーチェンジではディーゼル、ガソリン車とも燃費を向上。フロントグリル、ヘッドライト、フロントバンパーのデザインを変更し、ダークグレーの内装を採用した。

2012年5月にはフロントルームランプにイルミネーテッドエントリーシステムを採用したほか、盗難防止システムを装備。車速感応式パワードアロックもDXを除く全車に装備された。ディーゼルエンジン搭載車には排ガス浄化スイッチが装備されている。

2015年1月のマイナーチェンジではガソリン車にデュアルVVT-iを採用し、ドランスミッションを4速ATからマニュアルモードを備えた6速ATに変更。また、「スーパーGL」をベースにダークメッキのエクステリアパーツやダブルステッチの合成本革シート表皮、黒木目調(マホガニー)のインテリアパーツなどでドレスアップを施した特別仕様車「スーパーGLダークプライム」を設定している。

2016年6月にはアクセサリーソケットを全車に採用、2017年11月には衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を標準装備。車線逸脱警報、オートマチックハイビーム、さらにVSC&TRC、ヒルスタートアシスト、盗難防止に貢献するオートアラームを全車に標準装備。タコメーターを備えたオプティトロンメーターも装備されている。ディーゼルエンジンは尿素SCRシステムを備えた新開発の2.8リッタークリーンディーゼルを新搭載。6速ATとの組み合わせにより、燃費を向上させている。

2018年8月にはハイエース誕生50周年を記念した特別仕様車「スーパーGL“50THアニバーサリーリミテッド」、特別仕様車「スーパーGLダークプライムⅡ」をリリース。なかでも「スーパーGL“50THアニバーサリーリミテッド」は漆黒メッキを施したフロントロアグリルをはじめ、フロントフォグランプベゼル、フルホイールキャップに高輝度塗装を施したほか、インテリアのルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用したほか、随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を採用、シート表皮にダークブラウンのトリコット+合成本革&ダブルステッチを採用するなど、高級感と上質感を追求したモデルとなっている。外板色には特別設定色の「グラファイトメタリック」を含む、全6色を設定。2019年7月までの期間限定生産モデルだ。

ハイエースバンの人気モデル・グレード

おしゃれに車中泊はいかが?「リラクベース(TypeⅡ)標準ボディ」

リラクベースはハイエース発売50周年を機にモデリスタが製作したハイエースのコンプリートモデル。「ネオレトロファンボックス」をデザインコンセプトとし、外装にはホワイトパーツをメインに用いた架装装備、特別設定のボディカラー、「リラクベース」の世界観をイメージさせる外装オプション、ツートンカラーのシート白木目調のインテリアパネル、車中泊に活用できるベッドキットや補助バッテリーを設定したモデルで、人気のあるハイエースの中でも特別な存在でもあり、とくに一括査定では期待が持てるだろう。

車買取・査定 徹底ガイド

一括査定ご利用ユーザー様の声

トヨタ プリウス
実際の査定金額
30.0万円
査定会社数
5社
査定満足度
4
メーカー
トヨタ
車種
プリウス
年式
2004年/平成16年
走行距離
65,001~70,000 km

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
査定会社数
5社
査定満足度
5
メーカー
ホンダ
車種
フィット
年式
2012年/平成24年
走行距離
50,001~55,000 km

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても 安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
査定会社数
5社
査定満足度
5
メーカー
日産
車種
セレナ
年式
2006年/平成18年
走行距離
30,001~35,000 km

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

愛車無料一括査定サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。