買取カービューが選ばれる理由

利用実績400万人達成!業界トップクラスの実績は安心の証!※2016年6月時点 当社調べ

買取カービューは、2000年5月に中古車査定仲介サービスを開始してから、これまで400万人以上にご利用頂き、実績は業界でもトップクラスです。

また、カービューはJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)にも加盟しており、協会と連携して安全・安心なサービスをユーザーに提供することをさらに追求するとともに、今後もユーザーが愛車の売却時に要望される“より高く売却したい"を、サービスの提供を通じて実現したいと考えております。

この実績と安心に対する取り組みにより、これまでも多くの皆様に選んで頂いております。

1度に最大8社に一括査定依頼ができるので高額査定が期待できる!

これまで車の査定といえば、ディーラーでの車の購入時の下取りが全てでした。ディーラーの下取り金額に満足が出来ない人が、車の買取専門店を利用するようになり、近年では買取専門店での買取も一般的になってきました。ところが、買取専門店に1店舗ずつ来店するのはとても大変で時間がかかってしまうため、いろいろな買取店の査定金額を比較しようと数店舗まわるだけで、せっかくの休日がつぶれてしまいます。

買取カービューをご利用頂ければインターネットからの査定申込を一度するだけで、最大8社のいろいろな買取店に同時に一括査定依頼ができるので、1店舗ずつ訪問してまわる必要はありません。8社の買取店から提示された査定額の中から、一番高い査定額を提示したお店を選ぶだけで簡単に最高値で車を売ることができます。もちろんサービスは全て無料です。査定するお店の数は基本的には多い方が高い査定額が出やすくなりますが、多すぎてもその後の対応が手間になってしまうことが多いため、買取カービューでは査定するお店の数を最大8社までと制限しています。

実は買取店には買取車種の得手不得手があり、外車なら高値で買取が出来るお店や、スポーツカーなら高値が出せる、ミニバンがとても欲しいので査定額を頑張れる、などお店によって査定額は大きく変わってきます。買取カービューの提携する査定事業者数はなんと200社以上。TVCM等でおなじみの大手の買取店から、車の販売会社、専門店まで幅広く提携しています。そのため、いろいろな買取店の査定額を比較して選ぶことができるので、査定額に差が出るのも納得ですね。

査定は簡単45秒で入力完了!

車の査定というと、いろいろな書類が必要で、いちいち調べなければ分からないことを聞かれたりなど、とても面倒で時間がかかるイメージをお持ちではありませんか?

買取カービューでの査定のお申込はとても簡単です。インターネットから査定金額を知りたい車の「メーカー・モデル・年式・走行距離」を入力頂くだけ。走行距離も5,000km単位の入力なので、実際に車まで行ってメーターの確認をする必要もなく、車検証に記載されている情報の入力も不要なので面倒な書類の確認なども不要です。パソコンでの入力が不慣れな方でも約45秒で入力完了いただけます。もちろんパソコン・スマートフォンのどちらからでもご利用いただけますので、好きな時間に好きな場所からご利用いただくことができます。

なぜ車を売るのに一括査定がおススメなの?

下取りと買取の違い

「下取り」は新しい車を買う際に中古車を販売店に売り、車購入資金に充てること。
「買取」は(車の購入に関わらず)中古車買取店や中古車販売店に中古車を売り、現金化することですが一番の違いは買取価格にあります。
中古車買取店や中古車販売店では買い取った車が現金化されるまでの流通経路が確立していて、ディーラーの下取りよりも簡単に利益が確定します。つまり、下取りではかかってしまう流通コストの削減を削減し、買取金額に上乗せしているということなのです。

下取りと買取の違い
下取り買取は引き取った車の流通経路が違うから、買取価格が出る!

車の売り方のメリット・デメリット

売り方メリットメリットデメリットデメリット
一括査定
一括査定
  • 査定依頼がWEB上から短時間で複数社にできる。
  • 複数買取店の査定金額を比較できる。
  • 出張査定対応可能。
  • 中古車市場で人気の高い車は、ディーラーよりも査定が高くなる事が多い。
  • 実査定のために複数買取店とスケジュールを調整する必要がある。
  • 基本的にはすぐの引き渡しになるため、代車が確保できない場合は生活が不自由になることがある。
    代車は貸してくれるの?
  • 地域によっては出張査定依頼が可能な買取店や、買取車種に制約がある。
ディーラー下取り
ディーラー下取り
  • 車を売る手続きと車を買う手続きを同時に行うことができる。
  • 確実に代車を利用できる。
  • 一般に買取り価格(下取り価格)が中古車買取業者よりも低いといわれている。
  • 手放す車の下取り額とこれから買う車の値引き額が曖昧。
    高く下取りした分値引きを押さえる「値引き充当」をされることもある。
  • 車を現金化できない。
ネットオークション
ネットオークション
  • 個人間で売買する場合、中間業者を省けるので高く売れる可能性が高い。
  • 写真や説明文の作成など出品手続きが必要。
  • 買い手がつかない場合もある。
  • 売買成立時の名義変更手続き等をすべて自分で行わなければならない。
  • 「代金の未払い」や「名義変更されずに自動車税の請求が来る」などのトラブルになることもある。
個人間売買
個人間売買
  • 個人間で売買する場合、中間業者を省けるので高く売れる可能性が高い。
  • 売買成立時の名義変更手続き等をすべて自分で行わなければならない。
  • 「代金の未払い」や「名義変更されずに自動車税の請求が来る」などのトラブルになることもある。

買取店の種類と得意分野

買取店の種類特徴
買取店
買取店
独自の中古車販売網を持ち、流通コストを掛けずに買取した車を販売店で直販します。
ココが得意!
国内中古車市場で人気のある車種
車種限定専門買取店
車種限定専門買取店
輸入車・スポーツカー等車種に特化した知識と販売網を持ち車の価値を最大限引き出します。
ココが得意!
輸入車・スポーツカー・軽自動車
店舗によって専門の分野が異なります。
中古車輸出業者
中古車輸出業者
海外で人気の高い日本の中古車を世界中に輸出します。
国や地域により人気のある車種はさまざまなので幅広い車種の買取を行っています。
ココが得意!
新しい車はもちろん低年式・過走行の車でも海外で人気の車種
自動車解体業者
自動車解体業者
車を解体・スクラップにし資源として再利用します。
ココが得意!
買取店では値のつかない低年式・過走行の車でも買取を行います

中古車買取店には各々得意分野があるので
出来るだけ多くの買取店を集め競ってもらうことが重要です!

車買取・査定のポイント

車買取において重要な点は、自分の愛車の価値を把握し、最も高値を提示してくれる人やお店を見つけることです。どちらも簡単なように思えますが、愛車の価値の把握も最高値を提示してくれる人やお店を見つける方法も意外と知られていないようです。

車の価値とは?

車の価値は、その車を欲しいと思う人がどれくらいいるかによって決まります。その車を欲しいと思う人が多ければ高い査定額となり、少なければ低い査定額となります。基本的には新しくて綺麗な車が高く売れる傾向にありますが、人気のある車種の車は古くても高い査定額となり、逆に新しくて綺麗な車であっても人気が無いモデルの車の査定額は低くなってしまいます。

また、同じ車種でもモデルチェンジの有無によって大きく価値が変わってきます。車は機能の改善や不具合の改修、デザインの良化を目的として、一定周期でモデルチェンジされて新しくなって再販されます。このモデルチェンジが発表されてしまうと、それ以前のモデルはいわゆる「型落ち」となってしまい査定額が大きくダウンしてしまいます。モデルチェンジには、デザインが大きく変わる「フルモデルチェンジ」と、部分的な変更となる「マイナーチェンジ」の2種類があり、「フルモデルチェンジ」の方が査定額に与える影響が大きいので、車の売却を検討している場合にはモデルチェンジの情報を調べておくと良いでしょう。

ボディタイプの流行

車にも流行があります。流行に合った車であれば欲しいと思う人が多いため高い査定額となり、流行に合っていない車だと欲しい人が少なくなるので必然的に査定額は低くなってしまいます。近年だと、トヨタのプリウスなどに代表されるハイブリッド車や、SUVと呼ばれるアウトドア向けの車が人気です。ハイブリッド車は燃費がよく維持費が抑えられることに加えて、未来的で先進的なデザイン自体も人気を集めています。SUVは本格的なアウトドア仕様というよりは、トヨタのハリアーのようなどちらかというと街乗り用でデザイン重視のものに人気が集まっています。どちらのタイプも値落ちが少なく、比較的高値で取引がされています。逆に人気がないジャンルはセダンです。セダンについては、「おじさんくさい」印象が払拭できずに、一部車種を除き査定額は低めになることが多いです。

また、流行の域を超えて継続的に人気があるのが軽自動車とミニバンです。軽自動車は維持費が安いことに加えて、コンパクトな大きさから女性や運転に自信の無い高齢者から人気があります。特に最近の軽自動車は車内も広く、パワーがあるモデルも増えてきているので、「軽自動車で十分」というユーザーも多いです。それ故に、軽自動車はあまり値落ちせずに査定額も高めです。ミニバンは車内が広く、大人数が乗れることからファミリー層を中心に根強い人気があります。中でもMクラスと呼ばれるトヨタのノア・ヴォクシーやホンダのステップワゴン、日産のセレナといった大きすぎないボディサイズのものが人気です。ただし、このあたりのモデルは流通量が多いため「思ったよりも高い査定額にならなかった」となることがあるようです。そして、ミニバンの中でもトヨタのアルファード・ヴェルファイアや日産のエルグランドといったLLクラスと呼ばれるモデルもとても人気があります。こちらはファミリー層はもちろん、その外観と内装の豪華さから富裕層からも人気があります。そのため、装備がより豪華で状態が良いものほど高い査定額がつきやすいです。

国産車と外車

国産車と外車の場合は、車買取においては国産車の方が査定額が有利になることが多いです。というのも、中古車市場においては外車は故障が多く維持費がかかるというイメージを持つ人が多く、敬遠されやすい傾向があります。買取をする側も再販するのに国産車よりも手間がかかることが多いため、査定額を低くせざるを得ない場合も多いです。逆に国産車は海外からも需要があるため、高値で取引されることがあります。アフリカや中南米で頑丈で高品質な日本車の需要は高く、日本では走行距離が多く買い手がつかないような車でも海外では高値で売れたりします。

そうは言っても外車の中でも高値で取引されるモデルもあります。その代表格がポルシェで、国産車だったら見向きもされないような古い年式の車でも、ポルシェだったら信じられないような査定額がつくことがあります。その他にもメルセデスベンツやBMWといったドイツの高級車も、欲しい人が多いため比較的高い査定額がつくことが多いようです。

高く買ってくれる人やお店を見つける方法

自分の車の価値を把握できたら、次は高く買ってくれるお店を探しましょう。

査定する時期も大事

「車なんていつ査定しても同じでしょ?」と思うかもしれませんが、実は時期によって査定額が大きく変わります。その車を欲しいと思っている人が多い時期ほど高く売れます。ではその時期はいつかと言うと、ずばり9月と3月です。9月と3月はディーラーの決算になっており、新モデルの発売やTVCMなどの広告の量が増えます。そのため、車の購入の検討をする人が増えます。購入の検討は新車だけでなく、中古車が選択肢になる人も多いため買取金額も上がってくるというわけです。逆に最も購入検討者が少ないのは4月と12月です。4月は税金を払った直後ですし、年末の急がしい時期に車を買う人も少ないです。もし売却する時期が決まっていないのであれば、9月か3月に照準を絞ってみてもよいでしょう。

車の価値は日に日に落ちていく

前段の内容と矛盾しますが、時期的に高く売れる時期・売れない時期は存在するものの、売ろうと思ったらすぐに査定をするのが吉です。というのも、車は登録された瞬間から毎日価格は下がり続け、基本的に上がることはありません。ですので、「もう少し待ったほうが高く売れるかも・・」は危険な思い込みで、売却を検討したらまず査定をすることをお勧めします。

お店によって価格は違う

査定するお店によって査定額には差が出てきます。これはなぜかと言うと、お店で買い取られた車は再販され、次のユーザーに渡ります。そのため、再販するルートをたくさんもっているお店ほど高く買い取ることができます。お店はスペースが限られており、在庫として確保をしてしまうと経費もかかり利益がなくなってしまうので、すぐに再販できそうな車ほど高い査定額を付け、逆にしばらく在庫になってしまいそうな車は低めの査定額を提示します。

また、お店によって買取できる車種や買取が得意な車種が存在します。わかりやすい例が「専門店」で、たとえば外車の専門店であれば、外車が欲しい人が集まるので、外車であれば高値で仕入れしても十分に元がとれるのです。

そうは言っても自分の車の買取が得意なお店を探すことは難しいので、お勧めは何社かで査定額を出してもらい、査定額を比較し一番高い査定額のお店に売却をする方法です。モデルにもよりますが、「一番高い査定額と一番低い査定額の差が数十万円もあった」なんていうこともよくあるケースです。一括査定サービスであれば手間もかからずに査定依頼ができるのでぜひ利用してみてください。

車買取・査定 徹底ガイド

一括査定ご利用ユーザー様の声

トヨタ プリウス
実際の査定金額
30.0万円
査定会社数
5社
査定満足度
4
メーカー
トヨタ
車種
プリウス
年式
2004年/平成16年
走行距離
65,001~70,000 km

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
査定会社数
5社
査定満足度
5
メーカー
ホンダ
車種
フィット
年式
2012年/平成24年
走行距離
50,001~55,000 km

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても 安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
査定会社数
5社
査定満足度
5
メーカー
日産
車種
セレナ
年式
2006年/平成18年
走行距離
30,001~35,000 km

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。