現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 売却したい車の所有者がディーラーだった場合どうする?手続き方法を解説

売却ガイド

売却したい車の所有者がディーラーだった場合どうする?手続き方法を解説

売却したい車の所有者がディーラーだった場合どうする?手続き方法を解説

車を売却したくても、所有者が自分ではないために困っている方もいるのではないでしょうか。この記事では、売りたい車の所有者がディーラーの場合に所有権を自分に移す方法をご紹介します。所有権を自分に移すことで、好きなタイミングで車の売却が可能です。
ローンが完済できない場合の対処法についても解説するので、所有権解除ができないと焦る必要もありません。記事を読むことでスムーズに車の売却ができるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の所有者がディーラーだと売却はできないの?

車の所有者がディーラーだと売却はできないの?

車の売買では、名義人が誰であるかが重要です。車検証に記載されている名義がディーラーだった場合には売却できません。その理由を解説しますので、売却を検討している方は適切な手続きで進めましょう。委託された場合など、異なる所有者でも売れるケースはあります。ケースごとに対処法を確認しましょう。

車は所有権を移さないと売却できない

車の所有者がディーラーだった場合、車は売れません。所有者がディーラーということは、車をローンで購入し、そのローンがまだ完済されていないことを示しています。車を売却するときには、ローンが残っていないことが前提条件です。

車を売却する場合には、ローンを完済して所有者の名義を自分に変更しなければなりません。この手続きを所有権解除といいます。手続きをしておかないと、ローンを完済しても所有権はディーラーのままです。

所有権を有している会社や個人は、車の売却などの決定ができる権利があります。所有権がディーラーである場合、売却などの決定ができるのはディーラーです。所有権を自分に移すことで、車を売却できます。

所有者が他人でも売却できるケースがある

所有者の名義が家族でも同意なしには売却できません。ただし、以下のような理由がある場合は所有者が異なっていても売却できます。

    車の所有者が異なる場合でも売却できるケース
  • 所有者が死亡している
  • 所有者に判断能力がない
  • 所有者に売却を委託された

所有者が死亡している場合、車は相続の対象です。売却をする際には、まず所有者を相続人に移す手続きをしなければなりません。手続きをすることにより、相続人が車を売却できる権利を有します。

所有者に判断能力がないと結論づけるのは困難でしょう。勝手に手続きを進めると、トラブルに発展するリスクもあります。成年後見人を立てることで、合法的に車を売却することが可能です。

所有者が忙しく、自分で売却手続きができないことも考えられるでしょう。この場合は委任状を作成します。委任状は手続きの代行を他者に委託するための書類です。

車を売却するために所有権をディーラーから自分に移す方法

車を売却するために所有権をディーラーから自分に移す方法

車の所有者がディーラーの場合、所有権解除をしないと車の売却はできません。ローンを完済したあとに名義変更の手続きをすることで、車の売却が可能になります。ここからは所有権を自分に移す方法をご説明するので、手順についてしっかり把握しましょう。

ローンを完済する

残っているローンを完済する方法は、以下の3つがあります。

    車の残っているローンを完済する方法
  • 貯金などを崩して現金で支払う
  • ローン返済サービスを利用する
  • 新たにローンを組む

残債があまりなく、繰り上げ返済が可能な額であれば現金で支払うほうが良いでしょう。ローン返済サービスは、一部の買取業者で行っているサービスです。売却する車の買取価格から相殺してローンを返済します。

新たにローンを組む際には注意が必要です。残債があまりない場合や、早めの完済が見込めるのであれば良いのですが、新たな借金が増えるという点を把握しましょう。返済計画をしっかりと立て、毎月支払い続けられるかを見極めてから行うことが大切です。

名義変更を行う

ローンの返済が完了したら、所有権をディーラーから自分へ移す所有権解除の手続きを行います。手続き方法は2つです。それぞれ準備する書類や手続き方法が異なるので確認しておきましょう。

自分で手続きをする場合は、必要な書類をすべてそろえて管轄の陸運支局で手続きを行います。書類は有効期限が決められているものもあるので、書類がそろったらなるべく早く行動することが大切です。自動車検査証に記載されている住所と現在の住所が異なる場合は、あらためて車庫証明の申請が必要となります。

買取業者に売却する際は、相談しながら進めることでスムーズに手続きができるでしょう。必要な書類についても聞けるため、分からない場合は確認しながら進めることが重要です。

車の名義変更の手続きと必要書類

車の名義変更の手続きと必要書類

車の名義変更手続きは、自分で行う場合とディーラーに任せる場合で必要なものや方法が異なります。名義変更のやり方をきちんと把握しておかなければ、スムーズに手続きができないかもしれません。それぞれ手続きの際に必要となる書類や方法をご紹介するので、売りたいタイミングで売却ができるよう参考にしてみてください。

自分で手続きを行う場合

自分で名義変更の手続きを行う場合、必要な書類は以下の6つです。

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書
  • 車庫証明書
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑登録証明書(ディーラーのもの)

譲渡証明書と委任状は、国土交通省のホームページからダウンロードできるので、ディーラーに頼まずに自分で準備することも可能です。同時に実印も用意しておきましょう。印鑑登録証明書は発行後3か月以内のものを用意します。自動車検査証に記載のある住所と現住所が異なる際は、車庫証明書も必要です。

陸運支局に行く必要があるため、忙しい方はなかなか手続きが進まないことも考えられます。書類に不備があると再度書類を用意する必要もあるので、一つひとつ確認しながらそろえましょう。

ディーラーに依頼する場合

名義変更の手続きをディーラーに依頼する場合は、以下の書類を用意します。

  • 自動車検査証
  • 委任状(ディーラーに委託するという旨の委任状)
  • 印鑑登録証明書
  • 車庫証明書

ディーラーに依頼する場合も、3か月以内に発行した印鑑登録証明書が必要です。自動車検査証と現住所が一致しない際は、車庫証明書を取得します。ディーラーに依頼すると自分で手続きを行う必要はありませんが、代行手数料がかかる場合があることは覚えておきましょう。

ローンを完済できない場合はどうする?

ローンを完済できない場合はどうする?

車をローンで購入する方は多いでしょう。しかしローンを組んだ以上、毎月返済を行わなければなりません。何かしらの事情があり、どうしても支払いを続けるのが難しい状況に陥ってしまったときはどうすれば良いのでしょうか。ローンを完済するのが難しい場合の対応策を確認しておきましょう。

ローン会社に相談する

支払いが難しくなった場合、督促状が届く前にまずローン会社に事情を相談しましょう。相談を受けて状況を把握したローン会社は、ユーザーの返済能力を考慮して対応策を提示してくれます。支払いの期間を延ばしたり、一時的に支払額を減額したりと対応はさまざまです。

ただし、「今月は家計が厳しいから返済日を延ばしてほしい」など、一時的かつ自力で解決できる相談は簡単に受け付けてもらえないでしょう。

ローンを組み直す

ローンを組み直すとは、残債分を新たなローンとして組み直す方法です。銀行のカーローンを利用する方法もありますが、買取業者が提供しているローン返済サービスを検討しても良いでしょう。

ローン返済サービスとは、一旦買取業者に残債分を肩代わりしてもらい、新しくローンを組む買取業者に対してローンを組み直すという仕組みです。しかし、新しい車をローンで購入する予定の方は、現在のローンを組み直すとダブルローンになってしまうので注意しましょう。

ローンの返済に困らないためには

ローンの返済に困らないためには

ローンを支払えない状況では、完済できないため車の売却はできません。滞りなくローンを払っていくためには、返済の流れを確認し計画を立てておく必要があります。ローンの返済ができなくなって困ることがないように、ローンの返済中に気を付けたいことを前もって把握しておきましょう。

ローン完済までの期間を把握する

毎月安定した返済を行うためにも、ローン完済までのスケジュールを考えて、計画的な返済を行えるようにローン契約をしましょう。ローンの返済スケジュールは人によって異なりますが、ローン完済までが長引いてしまうと、それに伴って支払う利息が大きくなります。

どうしてもローンが払えなくなってしまった場合、車を失ってしまう恐れもあるでしょう。また、ローンを組む際は家計への負担が大きくならないよう調整することも大切です。

毎月の収支をチェックする

無理なく確実にローンを返済するために、毎月の収入と支出を把握して返済プランを考えましょう。毎月かかる生活費や光熱費だけでなく、車の維持費やガソリン代も計算しておきます。

毎月滞りなく返済を行うには、支出より収入が上回っている状態を保つことが大切です。毎月のローンを着実に返済することと同時に、生活を送ること自体が困難にならないよう、経済的な余裕を持ってローンを組みましょう。

できるだけ車を高く売るならcarview!車買取がおすすめ!

基本的にはローンを完済しなければ車の名義は変更できず売却もできません。ローンを完済するためには、買取業者のローン返済サービスを活用することも1つの方法です。このシステムを使って完済し、車を売るためには今ある車をできるだけ高く売る必要があります。

できるだけ高く車を売るには、多くの買取業者に見積もりを出してもらうのが有益な方法です。しかし、一度に複数の業者に査定依頼をするのは手間がかかります。そのようなときに利用したいのが「carview!中古車一括査定サービス」です。複数社の査定額を比較できるので、一番高く買い取ってくれる買取業者が見つけられるでしょう。

まとめ

まとめ

所有者がディーラーの場合は、名義を自分に移す手続きが必要です。手続きは自分でも行えますが、買取業者に任せたほうがスムーズでしょう。自分で手続きをする際は、必要書類をそろえて陸運支局に行かなければなりません。

carview!車買取は全国に提携加盟店が300社以上あり、最大10社への査定依頼が可能です。業界トップクラスの実績で、安全・安心なサービスであなたの車を一番高く買い取ってくれる業者を見つけられます。満足いく価格で愛車を売却したいなら、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ