おすすめの口コミ

50代男性

査定満足度:4.0

査定時期:2018年6月

グレード
X
年式
2014年/平成26年
走行距離
10,001~15,000
各社査定額
80.0万円95.0万円
差額
15.0万円(査定会社数:6社)
買取価格と新車納車までの代車確保の融通性で決定。

60代男性

査定満足度:4.0

査定時期:2018年2月

グレード
その他
年式
2011年/平成23年
走行距離
30,001~35,000
各社査定額
33.0万円35.0万円
差額
2.0万円(査定会社数:7社)
店舗が便利な立地で迅速な対応と明るい雰囲気

60代男性

査定満足度:4.0

査定時期:2017年5月

グレード
G
年式
2012年/平成24年
走行距離
75,001~80,000
各社査定額
2.5万円3.3万円
差額
0.8万円(査定会社数:4社)
新車購入に、役に立ちました。

60代男性

査定満足度:4.0

査定時期:2017年4月

グレード
その他
年式
2012年/平成24年
走行距離
10,001~15,000
各社査定額
22.0万円30.0万円
差額
8.0万円(査定会社数:5社)
遺産相続で車を相続したが、不要なため売却を検討。ディーラーなど調べた結果、買取業者が高く引き取って貰えることがわかり、本サイトを利用し一括査定を行った。その中でビッグモーター好条件だったので売却することにした。

40代男性

査定満足度:3.0

査定時期:2016年9月

グレード
0
年式
2011年/平成23年
走行距離
10,001~15,000
各社査定額
0.0万円10.0万円
差額
10.0万円(査定会社数:3社)
売却する車がどう見られるかが分かって、参考になった。

40代男性

査定満足度:3.0

査定時期:2014年9月

グレード
G
年式
2012年/平成24年
走行距離
15,001~20,000
各社査定額
100.0万円120.0万円
差額
20.0万円(査定会社数:4社)
売却の査定価格を知りたいために申し込みました。結果的に査定価格が満足出来る価格ではないため、売却はしておりません。

リーフ 買取相場シミュレーター

国内のあらゆるマーケットデータを元にカービューが独自に算出したものです。
実際の車のグレード・コンディションなどにより異なる場合があることをご了承ください。

年式
グレード
走行距離

シミュレーション結果
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

車の状態や買取店ニーズによって価格は変動します。実際に査定してもらおう!

メーカー
モデル
年式
走行距離

車コラム:実用EVの先駆者「リーフ」

リーフはどんな車?

電気自動車(EV)の代表的存在として知られているリーフ。発売されたのは2010年で、この時すでに軽自動車のEVである三菱iMiEVやテスラ初の市販モデル、ロードスターなどは発売されていたものの、実用的な普通自動車の量販EV、しかもEV専用車として開発されたという点で、画期的な存在だと言えるでしょう。

初代モデルはバッテリー容量24kWのリチウムイオンバッテリーを搭載し、JC08モード計算で200kmの走行距離を可能としていました。フロントに搭載されるモーターは最高出力80kW(109ps)、最大トルク280Nmで、回転の瞬間から最大トルクを発生するモーターの特性から加速の鋭さは相当なもので、EVの速さを多くの人に印象づけました。バッテリー残量警告灯が点灯してから満充電までの充電時間は200V電源で約8時間、急速充電(CHAdeMO)なら80%の容量まで約30分とされています。大きなバッテリーを搭載するにも関わらず、ラゲッジルームの容量が330Lも確保されていたのも、EV専用設計ならではの強みでしょう。2011年にはリーフから住宅へ電力を供給するシステムを発表するなど、EVの新たな活用についての積極的な提案も行われています。

初代リーフは走行距離を280kmに増やしたモデルを追加するなど商品力を強化しながら世界各国で販売され、累計20万台以上を販売してEVの普及に大きな役割を果たしました。それを受けて2017年に登場した2代目リーフは、バッテリー容量を40kWhと大きくして400kmの航続距離を実現。モーターの出力も110kW(150ps)、320Nmへと大幅にアップしています。

そして、走りにおいての特徴はe-Pedalの搭載でしょう。これはアクセルペダルから足を離すと回生ブレーキと通常のブレーキを協調して大きく減速させるというもので、つまりアクセルの踏み具合を調節するだけで加速〜減速から停止まで行えてしまうのです。BMWのEVであるi3で採用されていたシステムで、EVならではの未来感ある走りを楽しむことができます。また高速道路で車線の中央を走行するようにステアリングを修正してくれる「プロパイロット」や駐車作業を自動で行う「プロパイロットパーキング」など先進の運転支援装置も採用されています。また最近になって160kW(218ps)/340Nmを実現し最高速度を10%、航続距離を40%も増やしたリーフe +も追加されました。EVを特殊なクルマではなくした立役者として、ファミリー層にも高い人気を誇るクルマですから、一括査定でも高額評価が期待できます。

リーフの人気モデル・グレード

先進の運転支援機能を搭載「G」

EVであるリーフで最も未来を感じることができる最上級グレードがGです。高速道路で前車に追従しつつステアリングを修正して車線中央を走る手助けをしてくれる「プロパイロット」や、車庫入れ、縦列駐車をすべて自動で行ってくれる「プロパイロット パーキング」が標準装備されているからです。他にも後方の車両を検知する機能や上空から車両を見たような映像を表示するインテリジェント アラウンドビューモニター、踏み間違い防止アシストも装備されています。それ以外にもエアコンにプラズマクラスターが搭載されていたり、ヘッドライトがLEDとなったり、パーキングブレーキが電動となるなど、最上級グレードにふさわしい充実の装備を誇ります。ホイールも17インチとなるので、ルックスも一段とカッコよくなっています。オプションの本革シート&BOSEサウンドシステムが装備されていれば、かなりの高額査定となりそうです。

バランスに優れたメイングレード「X」

Xはリーフの3つのグレードのちょうど中間となるモデルです。リーフはバッテリーやモーターなどは全グレード共通なので、ポイントは装備の違いだけです。Xにはヒーター付きの本革ステアリング、Nissan Connectナビゲーションシステム、リモートによる乗る前エアコン、バックビューモニターなど、必要にして十分な装備が搭載されています。上級グレードのGとの違いは安全機能のみで、車線を維持しながら前車に追従するプロパイロットや後側方車両検知警報や自動駐車システムのプロパイロット パーキングなどはオプションとなります。逆に言えばこれらの機能が不要ならば非常にオススメで、価格とのバランスを考えてもリーフのメイングレードだと言えるでしょう。一括査定でも高額評価が期待できます。

見た目だけでなく走りの性能もアップ「NISMO」

日産のモータースポーツ部門であるNISMOの名を冠したリーフ。エクステリアはモータースポーツで得たノウハウを注入して開発されたエアロパーツや18インチホイールが装着され、迫力が大きくアップしています。インテリアも専用のコンビメーターやカーボン調フィニッシャー、本革とアルカンターラーのステアリングなど、スポーティな雰囲気が大いにアップしています。そしてNISMOリーフの驚くところは、専用のコンピューターを装着して通常のリーフよりもモーターのレスポンスを高め、より俊敏な走りを実現している点です。さらに専用のサスペンションやパワステ、VDC(ビークルダイナミクスコントロールやABSまで専用のセッティングとなっているのです。NISMOといってもEVだから走りは大して変わらないのでは、と思ったらその活発な走りに驚くことになりそうですね。クルマ好き、走り好きからも評価の高いグレードですから、高額の査定は確実でしょう。

車買取・査定 徹底ガイド

一括査定ご利用ユーザー様の声

トヨタ プリウス
実際の査定金額
30.0万円
査定会社数
5社
査定満足度
4
メーカー
トヨタ
車種
プリウス
年式
2004年/平成16年
走行距離
65,001~70,000 km

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
査定会社数
5社
査定満足度
5
メーカー
ホンダ
車種
フィット
年式
2012年/平成24年
走行距離
50,001~55,000 km

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても 安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
査定会社数
5社
査定満足度
5
メーカー
日産
車種
セレナ
年式
2006年/平成18年
走行距離
30,001~35,000 km

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

愛車無料一括査定サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。