ダイハツ ロッキーハイブリッド 2021年11月~モデルの買取・査定相場

ダイハツ ロッキーハイブリッド
ダイハツは、コンパクトSUVの「ロッキー」にハイブリッドモデルを2021年11月1日に新設定、同日より販売を開始した。新たに搭載されるハイブリッドシステムは、ダイハツが新開発した「e-SMART HYBRID(イースマートハイブリッド)」。トヨタのTHS-IIではなく、エンジンで発電し、その電力を使用してモーターで走行するシリーズ方式とした。発電用として搭載されたのは、クラストップレベルの熱効率(最大40%)を実現した新開発のWA型1.2リッター3気筒エンジン。モーターは最高出力78kW(106ps)、最大トルク170Nmを発生し、モーター出力のみで前輪を駆動する。エンジンを発電用とすることでシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現しており、トランスアクスルも発電・駆動用のモータージェネレーター(MG)を並列配置することでサイズを縮小。エネルギー密度の高いリチウムイオン電池もコンパクトな容量(4.3Ah)として、性能とコストをバランスさせている。日常の使用領域におけるレスポンスのよさ、滑らかな加速、すぐれた静粛性は100%モーター走行ならではのメリット。さらにダッシュサイレンサーの三層化やフードサイレンサーの遮音性向上、エンジンアンダーカバーへの吸音材の追加も行われている。経済性についても高効率な作動領域を保つように制御することで、コンパクトSUVクラスではトップレベルのWLTCモード28.0km/Lの低燃費を実現している。操作性ではアクセルペダルの踏み加減で加速・減速の可能な「スマートペダル」を採用した。スマートペダルは力強い加速の得られる「ノーマルモード」、経済性にすぐれる「エコモード」の選択が可能。従来のガソリン車のような加減速を好むのであれば、スマートペダルOFFでの走行も可能だ。ハイブリッドのラインアップは「プレミアムG HEV」、「X HEV」の2グレードを設定する。ガソリン車とはフロントグリル、ハイブリッド用のエンブレム、アルミホイールデザインで外観を差別化。「プレミアムG HEV」は17インチアルミホイール、メッキのドアアウターハンドル、LEDフォグランプ、LEDリヤフォグランプ、本革巻きステアリングなどを装備するほか、先進安全装備でも運転負荷を軽減するACC(アダプティブクルーズコントロール)、LKC(レーンキープコントロール)、CTA(コーナリングトレースアシスト)が標準となる。ボディカラーは全11色を設定するが、2トーンカラー(3色)が選べるのは「プレミアムG HEV」のみ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ダイハツ ロッキーハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ダイハツ ロッキーハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP