ダイハツ ロッキー 2019年11月~モデルの買取・査定相場

ダイハツ ロッキー
ダイハツは、コンパクトSUVの「ロッキー」を2019年11月5日に発表、同日より販売を開始した。ダイハツの新世代のクルマ造り「DNGA」をタントに続いて採用、5ナンバーサイズでは初のDNGA採用モデルとなる。ボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm、ホイールベース2525mm。コンパクトなサイズでありながら新設計のプラットフォームにより広い室内空間を確保した。ラゲッジルームも369Lの容量があり、さらに80L(FF車)のラゲッジアンダーボックスを確保している。デッキボードは荷物に応じて高さを2段階に調整することが可能だ。運転のしやすさもコンパクトSUVならではで、17インチの大径タイヤ装着車でも最小回転半径は5.0m、16インチタイヤ装着車では4.9mを実現。665mmの高めのヒップポイントや31度の上下視界による見晴らしのよさ、左右前端の見やすいフードによる見切りのよさが運転のしやすさに貢献している。パワーユニットは「トール」にも用いられている1.0リッター3気筒ターボのみ。最高出力72kW(98ps)/6000rpm、最大トルク140Nm/2400~4000rpmを発生し、スプリットギヤを用いたD-CVTと組み合わされる。FFと4WDを設定し、4WDは電子制御カップリングを用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用する。滑りやすい路面では後輪駆動力を高め、通常の路面では後輪駆動力を下げることで燃費向上に貢献。経済性においても1.5リッター以下の小型SUV(ガソリン車)クラスにおいて、トップレベルのWLTCモード17.4~18.6㎞/L、JC08モード21.2~23.4㎞/Lの経済性を実現した。インテリアはシルバー加飾を施した背の高いフロントコンソール、高い位置にあるシフトレバー、コクピットタイプのインパネデザインによってSUVらしさをアピールする。G,、Xグレードには赤色の加飾を施してアクティブなイメージを表現。最上級グレードのプレミアムには本革巻きステアリング&シフトノブ、ソフトレザー調のシートを採用して上質感を演出している。先進・安全機能では、予防安全機能「スマートアシスト」と運転をサポートする「スマートアシストプラス」を設定。さらに今回BSM(ブラインドスポットモニター)、RCTA(リヤクロストラフィックアラート)の2つの新機能を追加。充実した運転支援システム「次世代スマートアシスト」(一部機能はメーカーオプション)として設定されている。コネクトサービスも設定され、事故や故障時にスムーズな対応を可能とする「つないでサポート」や駐車位置情報やガソリン残量などの状況を把握し、スマートフォンで確認できる「見えるマイカー」、車検や点検時期などをお知らせする「つないでケア」などのカーライフをサポートする「ダイハツコネクトサービス」、車内で使用可能なWi-Fiサービス「ダイハツWi-Fi」がオプションとして用意されている。これらは「スマホ連携ディスプレイオーディオ」もしくはディーラーオプションの「ダイハツコネクト」対応のナビゲーションシステムで提供される。ボディカラーは新色の「コンパーノレッド」を含めた全8色に加え、「コンパーノレッド」、「シャイニングホワイトパール」、「ブライトシルバーメタリック」の3色にはブラックルーフと組み合わせた2トーンも設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ダイハツ ロッキーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ダイハツ ロッキー 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ダイハツ ロッキーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP