トヨタ スペイド 2014年04月~モデルの買取・査定相場

トヨタ スペイド
トヨタはコンパクトクラスの新型車としてスペイドを設定し、2012年7月から発売した。スペイドはポルテの姉妹車で、ポルテがトヨタ店とトヨペット店で販売されるのに対し、スペイドはカローラ店とネッツ店で販売される。 コンパクトなボディに片側スライドドアを設定するなど、クルマの基本メカニズムはポルテと共通で、外観デザインを中心にした差別化が図られている。 ポルテが子育てママをイメージした可愛らしいデザインを採用するのに対し、スペイドはクールメカニカルをテーマに、目つきの鋭いきりりとした表情のフロントマスクを採用し、明確な差別化を図っている。リヤビューはバンパーのコーナーに張り出しを設け、 基本コンセプトはポルテと同様に「究極のスライド2BOX」で、高めの全高を持つボディの右側には2枚のヒンジ式ドア、左側には大きな開口部を持つ1枚のスライドドアが設定されている。スライドドアは全車ともワイヤレス電動式を採用する。 4mを切る全長と5ナンバー枠に収まる全幅はアクアと同じサイズ。全高は1700mm前後とかなり高めで、これによって広い室内空間を作っているが、たいていのタワーパーキングには入らない高さとなる。最小回転半径は4.6mで小回りの利くクルマである。 センターメーターのインパネデザインは個性的なもので、シフトレバーをインパネに配置することで、すっきりした足元空間を作っている。オプション装着車では、随所にメッキオーナメントを採用して質感を高めている。 フロントシートはセパレートシートとベンチシートがあり、さらにグレードに応じて快適温熱シートやはっ水機能付きシートなどが設定されている。リヤシートは6:4の分割可倒式で、主要グレードの後席はリクライニングやチップアップが可能だ。 搭載エンジンは直列4気筒1.3Lと1.5Lで、全車に無段変速のスーパーCVT-iが組み合わされる。駆動方式はFFを基本に1.5Lエンジンの搭載車には4WD車の設定もある。 動力性能は1.3Lが70kW(95ps)/121Nm、1.5LはFF車用が80kW(109ps)/136Nm、4WD車用が76kW(103ps)/132N・mを発生する。アイドリングストップ機構はグレードによって標準またはオプションで設定されていて、1.3Lの装着車は19.6km/L(非装着車は18.4km/L)、1.5Lの装着車は20.6km/L(非装着車は19.0km/Lを達成し、FF車は大半のグレードにエコカー減税が適用される。 グレードは1.5L車がG、F、Y、X、1.3L車がX、Vという構成で、グレードによって装備が異なるが、ほかに8色のボディカラー、4タイプのフロントシート、6種類のパッケージオプションなど、好みに合わせた選択が可能だ。 パッケージオプションはナノイー、スーパーUVカット、ドレスアップ、スマートエントリー、HID、ナビレディの6種類となる。 安全装備は法制化の時期が近づいている横滑り防止装置のVSCについては全車に標準装備されているが、SRSサイド&カーテンエアバッグについては全車にオプション設定となる。 2014年4月1日にはFをベースに、スマートエントリーパッケージとHIDパッケージを標準装備とした特別仕様車「F“ジャック”」を発売した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ スペイドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ スペイド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ スペイドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP