ホンダ フリードハイブリッド 2016年09月~モデルの買取・査定相場

ホンダ フリードハイブリッド
ホンダはコンパクトミニバンのフリードハイブリッドをフルモデルチェンジし、2016年9月16日に発売した。エクステリアは先代のイメージを残しながら最新のホンダ車に共通するフロントマスクを採用する。フロントガラスが大型化されて運転席から見上げる角度が広がり、フロントピラーや三角窓の形状も最適化されて一段とワイドな視界を実現。サイドビューはリヤに向かって跳ね上げられたサイドウインドーラインが特徴となる。スライドレールカバーの分割線を目立たなく処理することで、ボディの塊感や一体感を高めている。ハイブリッドはブルークロームのメッキバーのフロントグリルでガソリン車と差別化、ヘッドライトガーニッシュ(ブルー)、リヤコンビネーションランプも専用となり、ハイブリッドのエンブレムが装着される。ボディは全長4265mm×全幅1695mm×全高1710~1735mm。使い勝手にすぐれる5ナンバーサイズをキープしながら、先代に対して50mm長く、5~10mm低くなった。2740mmのホイールベースは変わらず、5.2mの最小回転半径もそのままだ。パッケージングについても1~3列目までのヒップポイント距離を90mm拡大。6人乗りの3列シート車はキャプテンシートを採用し、先代よりも120mm拡大した360mmのロングスライドを実現した。すべてのシートで1~2列目のフラットモード、2~3列目のフラットモードが採用され、ウォークスルー幅を拡大して室内の使い勝手を高めている。スライドドアの開口幅を20mm広げ、ステップ高を15mm下げて乗降性を向上させている。パワーユニットはアトキンソンサイクルを採用した1.5リッターi-VTECエンジンに高出力モーターを搭載したハイブリッドシステム。最高出力81kW(110ps)、最大トルク134Nmのエンジン性能と、22kW(29.5ps)、160Nmのモーター出力により、余裕のある動力性能を実現させている。エンジンに内蔵された7速デュアルクラッチトランスミッションはギヤ比を最適化して低燃費と走りを両立。燃費はクラストップレベルのJC08モード燃費27.2㎞/L(FF車)を実現しており、コンパクトミニバン初のハイブリッド4WDも設定されている。4WDも25.2㎞/Lの燃費性能が自慢だ。快適性の向上も図られており、加速時やクルーズ時など、いずれのシーンにおいても先代を上まわる静粛性を実現している。装備も助手席インパネトレイ、インパネアッパーボックスなどの収納スペースを数多く設置。新機能としては誘導照明付きのスタートスイッチを採用したスマートエントリーを標準装備し、スマートフォンと連動するホンダインターナビがタイプ別に用意されている。安全装備についても「ホンダセンシング」をタイプ別に設定。衝突軽減ブレーキ(CMBS)、歩行者事故低減ステアリングなどの安全運転支援システムに加え、アダプティブクルーズコントロール、車線維持支援システム、路外逸脱制御機能などが搭載されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ホンダ フリードハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ホンダ フリードハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ホンダ フリードハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP