BMW X7 2019年06月~モデルの買取・査定相場

BMW X7
BMWは、新型SUVとなる「X7」を2019年6月24日に発表、同日より販売を開始した。BMWでは「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」と呼ばれる最高峰ラグジュアリーSUV。ボディは全長5165mm×全幅2000mm×全高1835mm、ホイールベース3105mmの堂々とした大きさ。フロント部のキドニーグリルはスポーツモデルのような横型ではなく、縦型に近い形状となる。3mを超えるロングホイールベースによって実現した室内空間には3列シートが配置され、2列目がベンチタイプの7人乗りと、セパレートの6人乗りが設定される。シート表皮にはメリノ・レザーが用いられ(スタンダード仕様は除く)、セレクトレバーやスタート/ストップボタンなどに透明度の高いクリスタルを採用することでラグジュアリーな雰囲気を醸し出している。メインとなる「X7 xDrive35d」には最高出力195kW(265ps)/4000rpm、最大トルク620Nm/2000~2500rpmを発生する3.0リッター直6ディーゼルターボを搭載。また、路面状況を各ホイールのセンサーで検知し、必要に応じて上下それぞれ40mmの間で車高を自動調整する4輪アダプティブエアサスペンション、カメラによって進行方向の路面状況を確認し、ダンパー調整やロール回避を最適化する「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」を採用し、乗り心地と操縦安定性の両立を図っている。最上級モデルとして設定された「X7 M50i」には最高出力390kW(530ps)/5500~6000rpm、最大トルク750Nm/1800~4600rpmを発生する4.4リッターV8ガソリンターボを搭載する。車重は3トンに迫るものの、0-100㎞/h加速4.7秒を達成しており、「Mスポーツエキゾーストシステム」などにより、走行性能を高めたセッティングとした。デザイン面でもセリウムグレー キドニーグリル、ミラーキャップ、エアブリーザーなどで優雅さや力強さを演出している。先進安全装備では高速道路や渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」、直近50mの軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバースアシスト」、さらにBMWとしては初となるトラフィックサインアシスト(速度制限認識)機能が搭載されている。2020年4月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW X7の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW X7 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

BMW X7を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP