トヨタ アクア 2021年07月~モデルの買取・査定相場

トヨタ アクア
トヨタは、コンパクトカー「アクア」を2021年7月19日にフルモデルチェンジ、同日より販売を開始した。初代アクアは「ハイブリッドカーを身近なものとする」という思いを込め、「次の10年を見据えたコンパクトカー」として2011年にデビューした。発売以来の販売台数は187万台(北米仕様の「プリウスc」を含む)を超えるハイブリッド専用モデルだ。プラットフォームを一新した2代目は初代のコンセプトを受け継ぎ、「さらに次の10年を見据えたコンパクトカー」として充実した装備と高度な環境性能を追求したという。エクステリアは先代のイメージを残しながら洗練度を高めた仕上がり。TNGA(GA-B)プラットフォームは高いボディ剛性と静粛性、さらに安定感のある走りに貢献。ボディは全長4050㎜×全幅1695㎜×全高1485㎜(4WDは1505㎜)、ホイールベース2600㎜。コンパクトなサイズはそのままにホイールベースを50㎜延ばしたことにより、とくに後席居住性を向上させている。インテリアはシンプルでクリーン、かつ上質な空間を表現。ソフトな合成革巻きのオーナメントやアームレスト、合成皮革とファブリックを組み合わせたパワーシートも設定されている。また、ボックスティッシュなどを収納できる助手席アッパーボックス、充電ケーブルをスッキリ収納できるスライド式トレイなど、小物類の収納スペースを充実させている。10.5インチの大型ディスプレイオーディオをZグレードに標準装備、Gグレードにメーカーオプションで用意した。ハイブリッドシステム(THSⅡ)を全車に採用し、ガソリンエンジンは40%以上の最大熱効率を実現する1.5リッター3気筒のM15A-FXE型“ダイナミックフォースエンジン”を搭載。基本はヤリスハイブリッドのシステムと共通だが、バッテリーは駆動用車載電池としては世界初となる「バイポーラ型ニッケル水素電池」を搭載した。従来型アクアのニッケル水素電池に対してバッテリー出力が2倍に向上したほか、アクセル操作に対する応答性が向上し、低速からリニアでスムーズな加速が可能。さらにEV走行領域も拡大し、街中では多くのシーンでエンジンを使わずに走ることが可能という。従来型はFFのみの設定だったが、新型アクアではE-Fourがラインアップされており、積雪路でも安心感のある走行が可能となった。また、走行モードから「POWER+モード」を選択すると、アクセルペダルを緩めるだけで回生による減速度の増大で滑らかに減速させる「快感ペダル」をトヨタ初採用(Bグレードを除く)。ブレーキペダルの踏み換え頻度を減らし、ドライバーの負担を軽減する、トヨタ版の“eペダル”だ。新たなパワーユニットの採用や新技術の投入などにより、FFで35.8~33.6km/L、E-Fourでは30.1~30.0km/L(ともにWLTCモード)の燃費性能を実現している。先進安全装備では最新の「トヨタセーフティセンス」を標準装備。交差点での右左折時の事故に対応範囲を拡大したプリクラッシュセーフティ、全車速追従型の「レーダークルーズコントロール」、同一車線内の中央を走行するように操舵支援を行う「レーントレーシングアシスト」、ペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートなどが搭載されたほか、駐車時における全操作を車両が支援する「トヨタチームメイトアドバンストパーク」、従来の前後進行方向に加え、新たに側方の静止物を検知対象とし、警報とブレーキ制御で接触回避を支援する「パーキングサポートブレーキ」を採用した。災害時などの際に役立つ給電機能についても、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と非常時給電モードを全車に搭載している。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ アクアの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ アクア 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ アクアを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP