スズキ スイフトハイブリッド 2017年01月~モデルの買取・査定相場

スズキ スイフトハイブリッド
スズキは、コンパクトクラスの主力モデルである「スイフト」を2016年12月27日にフルモデルチェンジして、2017年1月4日より発売した。2004年のデビュー以来、世界累計で530万台を販売しているグローバルコンパクトカー。6年3ヵ月ぶりとなる全面改良では軽量かつ高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECTハーテクト」の採用、新世代のパワーユニットなどによって走行性能と燃費性能の向上が図られた。エクステリアはスイフトらしさを継承しながら、先進性やスポーティさを感じさせる仕上がり。ボディサイズは従来型とほとんど変わらないが、ホイールベースは20mm延長されている。大開口フロントグリルを採用したフロントマスク、張り出し感を強調したフェンダーなどにより、新型は力強さと安定感を印象づけるデザインとした。ドライバーを中心としたスポーティかつ操作性にすぐれた構成とし、高い質感と先進感を表現したインテリアも新しい。ナビゲーションパネルやエアコンの操作系はドライバーに5度傾けて配置され、メーター、ホーンパッド、エアコンルーバー、エアコンスイッチなど、機能部品を円筒モチーフで統一している。メーターはスピンドル加工を施した盤面をはじめ、水温計・燃料計をメーター内に配置したデザインなどによって、スポーティさを強調。D型ステアリングも操作性や乗降性に貢献しながら、スポーティな印象を与えるものだ。新プラットフォームの採用は走行性能の向上だけではなく、居住性や積載性の向上にも貢献し、ボディやエンジン、足まわりなどの徹底した軽量化を図ったことで従来モデルに対して最大で120kgの軽量化を実現。操縦性としなやかな乗り心地を両立させるためにサスペンションを新設計するとともにレイアウトを刷新した。すぐれた応答性とリニアな操舵感を得るために可変ギヤレシオステアリングを採用し、欧州各国で走り込みや性能確認を実施。「RS」、「ハイブリッドRS」、「RSt」については、速度域の高い欧州の道路環境を想定し、フラットでしっかりとした乗り味と直進安定性を発揮するチューニングが施されている。パワーユニットは1.2リッター4気筒エンジンに加え、ISG(モーター機能付き発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッド搭載車を設定。最長30秒間のモーターアシストによってエンジンの負担を軽減するなど、2WD車で27.4㎞/LのJC08モード燃費を実現している。「RSt」には燃費とパワーを両立させた1.0リッター3気筒直噴ターボエンジンを搭載。1.5リッター並みの性能により、あらゆるシーンで余裕のある走りが確かめられるという。トランスミッションはターボのみ6速ATが組み合わされており、マイルドハイブリッドと4WDはCVTのみ、1.2リッター車にはCVTと5速MTが設定されている。先進安全技術についても単眼カメラとレーザーレーダー方式の衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能(5速MT車を除く)、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ヘッドライトのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能(スズキ初)を搭載。先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速、減速して追従走行を行う「アダプティブクルーズコントロール」も用意されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スズキ スイフトハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スズキ スイフトハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スズキ スイフトハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP