スバル インプレッサ スポーツ 2020年10月~モデルの買取・査定相場

スバル インプレッサ スポーツ
スバルは、「インプレッサ・スポーツ」を2020年10月8日に一部改良を実施、同日より販売を開始した。今回の一部改良では、電動パワートレーン「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」、「2.0e-Lアイサイト」を追加、さらにスポーティさを際立たせた「STIスポーツ」がラインアップに加えられている。「e-BOXER」は2.0リッター水平対向4気筒直噴ガソリンエンジンに駆動/回生用のモーター(出力10kW)を組み合わせたマイルドハイブリッドシステム。最高出力107kW(145ps)/6000rpm、最大トルク188Nm/4000rpmを発生し、モーターアシストによる軽快な加速を実現するという。また、SIドライブと協調するアダプティブ変速制御「eアクティブシフトコントロール」を採用した。「アドバンス」は、フロントグリル、アルミホイール、リヤスポイラーなどをグレーメタリックでコーディネート。インテリアについてもネイビーとライトグレーを基調とした落ち着いた色合いとしたほか、アルミパッド付きスポーツペダル、専用フロントフォグランプカバー、光輝ウインドモールなどを装備している。「STIスポーツ」はSTIのチューニングにより、日常の運転でもクルマを操る愉しさを味わえるモデルとした。フロントサスペンションにはSTIチューニングのSHOWA製メカ式減衰力可変ダンパーを採用し、リヤにもSTIチューニングのダンパーを装着。エクステリアでは225/40R18タイヤ&18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)、ブラック塗装のフロントグリル、シャークフィンアンテナを装備するほか、「セラミックホワイト」、「WRブルーパール」の専用ボディカラーを設定した。インテリアではレッドステッチで各部をコーディネートしたほか、加飾パネルをブラックラスト塗装とし、マルチインフォメーションディスプレイ付きレッドメーター、専用本革巻きステアリングを採用するなど、スポーティさを表現。パワーユニットは最高出力113kW(154ps)/6000rpm、最大トルク196Nm/4000rpmを発生する2.0リッター水平対向4気筒直噴ガソリンエンジンにリニアトロニック(CVT)の組み合わせ。AWDのほか、STIスポーツとしては初となるFFも設定され、より軽快なフットワークを実現したという。既存のモデルについても、ボディカラーの見直しや法規対応としてオートライトの設定が行われた。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スバル インプレッサ スポーツの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スバル インプレッサ スポーツ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スバル インプレッサ スポーツを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP