BMW X5 2019年02月~モデルの買取・査定相場

BMW X5
BMWは、4代目となるミドルクラスSUV「X5」を2019年2月27日に発表、同日に販売を開始した。新型「X5」は1999年に登場した初代モデルのコンセプトを継承し、走りに対するこだわりと高い実用性を兼ね備えたモデル。新型は全長が25mm長く、全幅が65mmワイドになり、全高が10mm高く、ホイールベースも40mm延長されている。エクステリアは「3シリーズ」と共通する一体型フレームで縁取られたデザインの大型キドニー・グリルを装備してアグレッシブなフロントマスクを演出。サイドボディには後部ドアから上方に伸び上がるようなプレスラインでリヤホイールを強調している。ボディは先代に対して車両前方の骨格に高張力鋼板をより多く採用し、強度を高めながら約15.5kgの軽量化を実現。足まわりにはスチール製のサスペンションを採用し、MスポーツにはXモデルとしては初となる4輪アダプティブエアサスペンションを装備した。また、各ホイールに設置されたセンサーがつねに路面状況や荷重を検知、必要に応じて上下40mmの間でホイールごとの高さを自動で調節する。重量物の積載や路面状況に合わせてドライバー自身が設定することも可能だ。パワーユニットは3.0リッター直6ディーゼルターボ。最高出力195kW(265ps)/4000rpm、最大トルク620Nm/2000~2500rpmを発生し、0-100㎞/h加速6.5秒を達成する。燃料消費率はWLTCモードで11.7㎞/Lだ。内装には必要な情報を適切なタイミングで伝えることをコンセプトとした表示・操作システム「BMWオペレーティングシステム7.0」を導入。表示をカスタマイズすることが可能で10.25インチのコントロールディスプレイ、12.3インチのフルデジタルメーターパネルを装備している。操作はステアリングホイールのスイッチ、iDriveコントローラー、タッチ操作に対応したディスプレイ、さらに音声コントロールおよびジェスチャーコントロールで行える。運転支援システムについては、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)、レーンチェンジングウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロストラフィックウォーニングが装備されている。また、パーキングアシスタントには「3シリーズ」と同様のリバースアシスト機能が採用され、車両が直前に前進したルートの最大50mまでを記憶し、同じルートをバックで正確に戻ることが可能だ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW X5の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW X5 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

BMW X5を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP