BMW M4 カブリオレ 2018年05月~モデルの買取・査定相場

BMW M4 カブリオレ
BMWは、高性能スポーツモデル「BMW M4」のオープンモデル「BMW M4カブリオレ」を2018年5月24日に受注を開始、同年秋以降の納車を予定している。「BMW M4カブリオレ」はサーキットでのすぐれた運動性能と日常走行における使い勝手のよさを合わせ持つBMW M4のオープンモデル。ラインアップされた「コンペティション」に搭載されるエンジンは最高出力331kW(450ps)/7000rpm、最大トルク550Nm/2350~5500rpmを発生する3.0リッター直6ツインパワーターボ。最高回転数の7600rpmまでほとんど衰えることなく官能的に吹き上がるMモデルならではの高回転型出力特性を実現したという。組み合わされるトランスミッションはスムーズかつ瞬時のシフトチェンジを実現した7速DCT。静止状態から最大限の発進加速を実現する「ローンチ・コントロール」、あらゆる走行状況において電子制御多板クラッチが路面とのトラクションを最適化し、リヤの左右ホイール間のトルク配分を自在に調整する「アクティブMディファレンシャル」、ダイレクトな操舵フィールが得られる「電動パワーステアリングMサーボトロニック」、路面との接地を安定させ、スポーツ走行から快適なクルージングまでに対応する「アダプティブMサスペンション・システム」を搭載する。ブレーキは高い制動力と冷却性能に加えて軽量化を実現した「Mコンパウンド・ブレーキ・システム」が標準。さらに制動力を高め、耐フェード性/磨耗性を高めた「Mカーボン・セラミック・ブレーキ・システム」がオプションで用意されている。カブリオレのルーフは3分割式のリトラクタブル・ハードトップを採用。このトップは走行速度が18㎞/h以下であればセンターコンソールのボタン操作ひとつで20秒以内に全開/全閉することが可能だ。装備はフロントウインドスクリーンに直接表示する「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」を標準装備。エンジン回転数や最適なシフトタイミングなどの情報をフルカラーで表示するMモデル専用「Mビュー・モード」機能付き。ドライビングアシスト機能としては「前車接近警告機能」、歩行者検知機能を備えた「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車線の逸脱を警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」が備わる。また、スマートフォンをUSB接続することで車速、前後および横方向の加速度、エンジン回転数、使用したギヤポジション、ステアリングアングル、アクセルペダル位置、燃費を記録するスマートフォン用アプリ「BMW Mラップタイマー」で自身の走りを検証することも可能だ。同時に初代「BMW M3カブリオレ」の世界発売30周年を記念した限定車「BMW M4カブリオレ30Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」が日本全国10台限定(世界限定300台)で発売された。同年年4月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW M4 カブリオレの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW M4 カブリオレ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

BMW M4 カブリオレを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP