トヨタ ヴィッツハイブリッド 2017年09月~モデルの買取・査定相場

トヨタ ヴィッツハイブリッド
トヨタは、新たなスポーツコンバージョンブランドとなる「GR」を2017年9月19日に発表、シリーズ第一弾としてヴィッツに「GRスポーツ」と「GRスポーツ“GR”」を設定、同日より販売を開始した。「GR」はGAZOO Racing Companyがニュルブルクリンク24時間耐久レースや全日本ラリーなどの国内外のモータースポーツ活動を通じ、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーブランド。モデル体系としてはエンジン内部にもチューニングを施した「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、気軽にスポーツドライビングを楽しめる「GRスポーツ」が設定される。これまでは「G’sスポーツ」がスポーツコンバージョン車として設定されていたが、今後は「GR」シリーズとして一新されることになり、カスタマイズが楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」も用意される。今回、ヴィッツに設定されたのは「GRスポーツ」と「GRスポーツ“GR”」の2モデル。「GRスポーツ“GR”」にはザックス製ショックアブソーバー採用の専用チューニングサスペンション、ボディ剛性を高めるスポット打点追加、ブレース追加、10速スポーツシーケンシャルシフトマチック(CVT車)、アルミペダル、小径ステアリングホイールを採用した。「GRスポーツ」には専用チューニングサスペンションの採用とスポット打点追加が行われた。エクステリアは標準仕様と異なり、走るための機能をストイックに追求した水平/垂直の「Functional MATRIX」グリルに加え、ホワイト塗装+GRロゴ入りブレーキキャリパー(GRスポーツを除く)、専用エンブレムが装着される。ボディカラーは「スーパーホワイトII」、「ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)」、「シルバーメタリック」、「グレーメタリック」、「ブラックマイカ」、「スーパーレッドV」、「ルミナスイエロー(メーカーオプション)」、「ブルーメタリック」の全8色。インテリアについても専用スポーティシート(GRロゴ入り)、ドアトリム、フロントシートなどにスポーティさを演出した専用加飾やシルバーステッチ、GR専用スタートスイッチ(ハイブリッドはパワースイッチ)が設定されている。パワーユニットは両モデルに1.5リッターを設定し5MTもしくはCVTの組み合わせ、「GRスポーツ」にはハイブリッドも設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ ヴィッツハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ ヴィッツハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ ヴィッツハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP