トヨタ ライズ 2019年11月~モデルの買取・査定相場

トヨタ ライズ
トヨタは、コンパクトSUVの「ライズ」を2019年11月5日に発表、同日より販売を開始した。ライズはダイハツからOEM供給を受けてトヨタで販売される「ダイハツ・ロッキー」の兄弟車。ボディサイズ(全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm)はロッキーと共通だが、フロントマスクは同社のミドルサイズSUV「RAV4」をイメージさせる仕上がり。新世代のクルマ造り「DNGA」を採用した初のコンパクトモデルであり、プラットフォームやパワートレーンユニットは新たに開発されている。全長が4mに満たないボディでありながら新設計のプラットフォームによって広い室内空間を確保。ラゲッジルームもクラストップレベルの369Lの容量を確保し、リヤシートを倒せば大きな荷物や長尺物にも対応する奥行きが得られる。デッキボードは荷物に応じて高さを2段階に調整することが可能で、ラゲッジアンダーボックスも用意されている。パワーユニットは1.0リッター3気筒ターボのみ。最高出力72kW(98ps)/6000rpm、最大トルク140Nm/2400~4000rpmを発生し、トヨタでは初採用となるD-CVTと組み合わされる。このD-CVTは従来のベルト駆動CVTにスプリットギアを組み込み、高速域では「ベルト+ギヤ」駆動とすることで伝達効率を向上。変速比幅をワイド化することでダイレクトな走りと燃費の向上に寄与する。2WD(FF)と4WDを設定し、4WDは電子制御カップリングを用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。滑りやすい路面では後輪駆動力を高め、通常の路面では後輪駆動力を下げることで燃費向上に貢献している。経済性においても1.5リッター以下の小型SUV(ガソリン車)クラスにおいて、トップレベルのWLTCモード17.4~18.6㎞/L、JC08モード21.2~23.4㎞/Lの経済性を実現した。先進・安全機能では、予防安全機能「スマートアシスト」と運転をサポートする「スマートアシストプラス」を設定。全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)、LKC(レーンキープコントロール)は最上級グレードのZのみに標準となる。また、BSM(ブラインドスポットモニター)、RCTA(リヤクロストラフィックアラート)をZ、Gにオプションで用意した。9インチディスプレイオーディオを設定し、スマートフォンと連携させることで音楽アプリやナビアプリなどのスマホアプリが大画面ディスプレイ上で使うことが可能。販売店装着オプションのT-Connectナビを選ぶこともできる。ボディカラーは新色の「ターコイズブルーマイカメタリック」を含む全8色を設定。この色を含む3色と「ブラックマイカメタリック」のルーフを組み合わせたツートーン仕様も用意されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ ライズの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ ライズ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ ライズを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP