スズキ ソリオハイブリッド 2016年11月~モデルの買取・査定相場

スズキ ソリオハイブリッド
スズキは、コンパクトハイトワゴンのソリオにEV走行を実現したフルハイブリッドを設定し、2016年11月29日に発表、同日に発売を開始した。新たに設定されたスズキ独自のハイブリッドシステムは、100Vの高電圧リチウムイオンバッテリーとインバーターを内蔵した「パワーパック」、出力10kW、最大トルク30Nmを発生する「MGU(駆動用モーター)」、MGUの回転速度を減速してトルクを増幅させる減速機、そしてCVTよりも軽量かつコンパクトで伝達効率にすぐれる「AGS(オートギヤシフト)」の組み合わせ。走行状況に応じて「MGU」がエンジン走行をアシストし、燃費向上に貢献するだけではなく、高速道路の合流などの際にアクセルを踏み込むとエンジン出力に加え、「MGU」の出力を上乗せして力強い走りを実現。さらに低中速での一定走行時などにはEV走行が可能となっている。マイルドハイブリッド仕様車に対してバッテリー容量とモーター出力を向上させ、EV走行や広範囲でのモーターアシストが可能となったのが大きな違いだ。また、ハイブリッドシステムの徹底したコンパクト化や軽量化により、車両重量を1000kg以下に抑えて燃費基準を高いレベルでクリアしている。マイルドハイブリッドの27.8km/Lに対してフルハイブリッドは15%アップのJC08モード燃費32.0㎞/Lを実現。エコカー減税の免税対象車となっている。走行モードはスイッチにより「標準モード」と「エコモード」の選択が可能。「標準モード」はアクセルの踏み込み量に対してレスポンスよく駆動力が発生し、加速感のあるキビキビとした走りが楽しめる。「エコモード」は加速が緩やかとなり、EVモードの頻度が高められていつもの運転でエコドライブがサポートされる。MTベースのASGは変速時のトルクギャップが気になるところだが、ハイブリッドでは変速時にMGUの駆動力でカバーされ、スムーズな加速が得られるという。エクステリアはスケルトン部分にブルーメッキを施したフロントグリルを採用し、リヤはリヤコンビネーションランプとバックランプのレンズをブルークリアタイプに変更。バックドアと左右フェンダーには専用エンブレムが装着される。インテリアではインパネのアクセントとなるアッパーガーニッシュをシルバー塗装からブルーメタリック塗装に変更。マルチインフォメーションディスプレイにはエネルギーフローや瞬間燃費などの表示に加え、タコメーターとギヤ段表示を追加。MGUの作動状態を表示するモーターパワーメーターも設定されている。コンパクトなボディに広い室内空間を備えたパッケージングは従来どおり。グレードはハイブリッドSZとハイブリッドSX、バンディットハイブリッドSVを設定。デュアルカメラブレーキサポート、メモリーナビゲーションはオプションで装着可能だ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スズキ ソリオハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スズキ ソリオハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スズキ ソリオハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にソリオハイブリッドの買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP