スズキ 2022年08月~モデル(ランディハイブリッド )の買取・査定相場

スズキ ランディハイブリッド
スズキは、ミニバン「ランディ」を2022年7月28日にフルモデルチェンジ、同年8月8日に販売を開始する。従来モデルのランディは日産からOEM供給を受けていた「セレナ」の兄弟車だったが、新型はトヨタから供給される「ノア」の兄弟車となった。エクステリアはノアに準じたデザインを採用するが、フロントマスクはランディ専用の仕上がりを見せる。ボディサイズは全長4695㎜×全幅1730㎜×全幅1895㎜×全高1895㎜(4WDは1925㎜)、ホイールベース2850㎜。全モデルが3ナンバー車となっている。ラインアップは7人乗りの「ハイブリッドG」と、8人乗りのガソリン車「G」を設定。それぞれに2WDと4WDが用意されている。インテリアはブラックアウトした細いフロントピラーと水平基調のインパネを採用し、開放的で広い室内空間を演出。7人乗りのセカンドシートにはキャプテンシートが採用され、折りたたみ式大型サイドテーブルを装備する。シートはロングスライド(スライド量745㎜)を可能とし、8人乗りでも705㎜のロングスライドが可能だ。サードシートは左右跳ね上げ式とし、跳ね上げた際に簡単にロックができるようになって利便性を高めている。リヤゲートは手動で途中の位置に保持することが可能で、クルマの後方が狭くても荷物の積み降ろしが行える。パワーユニットはハイブリッドとガソリンを設定。ハイブリッドは最高出力72kW(98ps)/5200rpm、最大トルク142Nm/3600rpmを発生する1.8リッター直4(2ZR-FXE)を搭載し、FFとE-Four(4WD)を設定する。モーターはフロントが70kW(95ps)/185Nm、リヤは30kW(41ps)/84Nmを発生する。燃費はWLTCモード22.0~23.2km/L。運転支援機能については車両、歩行者、自転車運転者(昼夜)に自動二輪車(昼)を加え、検知機能を拡張した「プリクラッシュセーフティ」を採用したほか、運転の状況に応じたリスクの先読みを行うことで歩行者や自転車、駐車車両に近づきすぎないようにステアリング・ブレーキをサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」を標準装備。さらに「レーントレーシングアシスト+レーンディパーチャーアラート」、全車速追従機能付き「レーダークルーズコントロール」、「オートマチックハイビーム」、「ロードサインアシスト」、「ドライバー異常時対応システム」などを装備する。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スズキ ランディハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スズキ ランディハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スズキ ランディハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP