スズキ ハスラー 2020年01月~モデルの買取・査定相場

スズキ ハスラー
スズキは“軽クロスオーバー”の新ジャンルを開拓した「ハスラー」を2019年12月24日にフルモデルチェンジ、2020年1月20日より発売する。2代目となるハスラーは「もっと遊べる! もっとワクワク! もっとアクティブな軽クロスオーバー」をコンセプトに開発。エクステリアは先代のイメージを引き継ぎ、ひと目でハスラーだとわかるデザインとし、丸型ヘッドランプとスクエア基調のフロントグリルは踏襲されている。サイドビューでは各ピラーをボディ同色とし、リヤクォーターガラスを設置。また、幌やハードトップから発送を得た遊び心のある2トーンカラーも用意されている。インテリアは遊び心を刺激するデザインとし、タフな世界観を演出する3連インパネカラーガーニッシュを採用。メーター、オーディオ、アッパーボックスをガードするという、ユニークな造形が新しい。室内空間については、新プラットフォーム「ハーテクト」の採用によってホイールベースを35mm延長。後席の足元空間を拡大し、前席は乗員間距離が30mm拡大されている。また、荷室側からも操作可能なスライド用ストラップを後席背面に採用し、シーンに合わせたラゲッジスペースの荷室容量の調整も行える。後席の背面、ラゲッジフロアは汚れが拭き取りしやすい素材を採用したほか、ラゲッジボードを外すことで荷室高が拡大。背の高い荷物の出し入れが容易に行えるほか、ボックスは取り出して洗うことが可能だ。パワーユニットは新開発のR06D型エンジンをNAエンジンに搭載。スズキの軽では初となるデュアルインジェクションシステム、クールドEGRなどの採用により、燃焼効率を高めて実用域での燃費性能を向上、同時に軽快な走りを実現している。ターボは従来モデルと共通のR06A型エンジンを搭載。低中速域でのスムーズな走りと高速域ではハイギヤード化により燃費と静粛性に貢献する新開発CVTを採用。全車マイルドハイブリッド機構を搭載する。FFと4WDを設定し、4WDはビスカスカップリングを用いた従来と共通の方式とした。急な下り坂で車速をサポートするヒルディセントコントロール、ぬかるみや雪道などの滑りやすい路面での発進をサポートするグリップコントロールに加え、新たに雪道やアイスバーンでのスムーズな発進をサポートするスノーモードが設定された。運転支援システムでは夜間の歩行者も検知するステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ、「デュアルブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能などを搭載。さらに一時停止標識の認識を追加した標識認識機能、リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物を検知する「後退時ブレーキサポート」を採用。ターボ車には全車速で追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱抑制機能をスズキの軽としては初めて採用した。装備では9インチHDディスプレイにスマートフォン連携機能を備えたメモリーナビゲーションをオプションで用意した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スズキ ハスラーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スズキ ハスラー 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スズキ ハスラーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP