スバル レガシィ アウトバック 2014年10月~モデルの買取・査定相場

スバル レガシィ アウトバック
スバルはセダンペースのSUVとして独特の地位を占めるレガシィ・アウトバックをフルモデルチェンジし、2014年10月24日に発売した。今回のモデルも従来に続いてアメリカや中国向けをメインに作られ、ボディサイズがひと回り大きくなるとともに、シリーズの中にツーリングワゴンの設定がなくなり、アウトバックとセダンのB4の2タイプに絞られた。外観デザインは骨太な存在感を感じさせるもので、大径タイヤが走破性をイメージさせ、ボディ下部のプロテクションパネルが力強さを表現している。ルーフレールはSUVらしい使い勝手を表現するものだ。インテリアは「コンフォート&スポーティ」をテーマにデザインされ、質感や快適さを格段に向上させながら、運転席にはスポーティなドライバーズエリアを作っている。メーターパネルの中央にはアイサイトの作動などを示すカラー液晶ディスプレーが備えられる。ソフトパッドを採用したダッシュボードや厚みを増したアームレストなど、素材や触感にこだわった仕上げとしている。ボディサイズを生かして室内には十分な居住空間が確保され、明るく広々としたくつろげる空間が作られた。Aピラーを前方に押し出したことやドアミラーのマウントを工夫することで、死角の少ない開けた視界を作ったのも特徴だ。搭載エンジンは水平対向4気筒2.5リッターで、従来のモデルからキャリーオーバーしたものだが、部品の8割は新設計されていて、吸排気系や燃焼系を中心に大きな進化を遂げている。動力性能は129kW(175ps)/235N・mを発生し、実用域での扱いやすさを高めながら、燃費性能を向上させたほか、静粛性も高めている。トランスミッションは従来からのリニアトロニックCVTを熟成を進める形で進化させ、6速マニュアルモードのパドルシフトを採用した。駆動方式はスバル伝統のシンメトリカル4WDで、アウトバック専用の仕様として悪路走破性を高めるXモードが設定されるほか、ヒルデセントコントロールも設定した。安全装備は予防安全のアイサイト・バージョン3を始め、アクティブセーフティでは横滑り防止装置のVDCを進化させたほかアクティブトルクベクタリングを採用している。パッシブセーフティは先に発売されたアメリカでスモールオフセット衝突への対応などが評価されている。グレードはアウトバックとアウトバックリミテッドだけのシンプルな構成だ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スバル レガシィ アウトバックの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スバル レガシィ アウトバック 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スバル レガシィ アウトバックを一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にレガシィ アウトバックの買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

神奈川県 30代男性
査定時期 2016年11月
最高売却額
212.0万円
見積り数
7社:最大2.0万円
査定満足度
3.0
グレード
不明
年式
2014年/平成26年
走行距離
10,001~15,000
口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP