三菱 アウトランダー 2012年10月~モデルの買取・査定相場

三菱 アウトランダー
三菱自動車は、乗用車系プラットフォームを採用したSUVのアウトランダーをフルモデルチェンジし、2012年10月25日から発売した。2代目アウトランダーは新しい時代をリードするSUVを目標に開発が進められ、上質なデザイン、胸のすく走り、優れたユーティリティー、先進的な安全装備などを特徴とするクルマとされている。外観デザインは前後ともグリルからランプにつながる“一文字グラフィック”を採用し、ワイドで安定感のあるスタイルを追求した。シックで落ち着いたブラック基調のインテリアは、すっきりとした形状とソフトバッドによる手触りの良さなどが特徴。シートには緻密で光沢に優れた素材を採用し、ピアノブラックやカーボン調シルバーなどが随所に配されている。シートは3列7人乗り配置を基本に、乗車人数や荷物に応じて多彩なアレンジが可能だ。大きく変わったのは床下収納が可能な3列目シートで、5:5分割式のワンタッチチルトダウン機構を採用し、シート幅を拡大することで座り心地を向上させた。また、2列目シートはダブルアクションフォールディング機構と250mmのロングスライド機構を採用した。運転席は視界を広げたほか、サイドビューカメラやリヤビューカメラを採用して死角をカバーし、安全性の向上につなげている。最小回転半径が5.3mという取り回しの良さもポイントだ。搭載エンジンは2機種で、直列4気筒2.0リッターが110kW(150ps)/190Nm、2.4リッターが124kW(169ps)/220Nmを発生し、INVECS-Ⅲ・6速スポーツモード付きCVTが組み合わされる。ECOモードスイッチを三菱車として初めて採用したほか、全車にAS&G(アイドリングストップ機構)を採用することで燃費を向上させ、エコカー減税の50%減免に適合している。4WDシステムは電子制御4WDでEC0、AUTO、LOCKの3種類のモードの選択が可能。ECOモードでは状況に応じて2WD走行することで燃費の向上につなげている。安全装備では横滑り防止装置のASCを全車に標準装備。さらにメーカーオプションで、前後に加えて左右輪の駆動力制御を行い、高い走行安定性を実現する車両運動統合制御システムのS-AWC(スーパー・オール・ホイール・コントロール)を設定している。また、追突被害軽減ブレーキシステム(FCM)、車線逸脱警報システム(LDW)、レーダークルーズコントロールシステム(ACC)の3つの先進安全技術をe-Assist(イーアシスト)としてまとめて一部グレードに標準装備ている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 アウトランダーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 アウトランダー 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

三菱 アウトランダーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP