ホンダ N-ONE 2012年11月~モデルの買取・査定相場

ホンダ N-ONE
ホンダはNシリーズの新型軽自動車としてN ONEを2012年11月1日に発売した。N ONEは2011年の東京モーターショーで発表されたNシリーズの4番目のモデル。ONEにちなんで、11月1日の11時から発表会が開催された。N ONEは、N BOXから始まった新世代軽自動車用プラットホームやパワートレーンを採用したモデルで、かつてのN360をほうふつとさせるような外観デザインが特徴。ただし、全高を抑えたセダンタイプのクルマではなく、ワゴンRなどと同じハイトワゴンで、1600mmを超える全高を持つ。軽自動車市場の中心への再挑戦となる。基本コンセプトはタイムレスのデザインのほか、快適ツアラー性能、安全ドライブ性能などを兼ね備えたクルマとされた。快適ツアラーとしては1.3リッター級かつ軽自動車でトップの走りと燃費のバランスが追求され、自然吸気エンジンは43kW(58ps)/65Nm、ターボ仕様は47kW(64ps)/104Nmのパワー&トルクを発生する。全車とも無段変速のCVTと組み合わされる。自然吸気エンジン搭載のアイドリングストップ機構装着車では27.0km/Lの低燃費を実現した。軽量・低重心・ロングホイールベースを生かし、高速道路を気持ち良く走れるセッティングとされている。操縦安定性のほか、振動騒音などもコンパクトカー並みの水準を実現したという。充実した安全装備も大きな特徴で、エマージェンシー・ストップ・シグナルや横滑り防止装置のVSA、グレードによってサイド&カーテンエアバッグシステムなどが標準で装備されている。快適装備は、スマートフォン対応のディスプレイオーディオ、アレルクリーンシート、スーパーUVカットガラスなどが備えられている。バリエーションは標準系が自然吸気エンジンを搭載したGとG・Lパッケージ、ターボ仕様エンジンを搭載したツアラーとツアラー・Lパッケージの4グレード。また外観に専用の仕様を備え、装備も充実させたプレミアム系のモデルは自然吸気エンジンの搭載車がプレミアムとプレミアム・Lパッケージ、ターボ仕様車がプレミアムツアラーとプレミアムツアラー・Lパッケージの4グレードで、合計8グレードが設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ホンダ N-ONEの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ホンダ N-ONE 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ホンダ N-ONEを一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にN-ONEの買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

PICK UP
北海道 50代男性
査定時期 2015年9月
最高売却額
90.0万円
見積り数
8社:最大10.0万円
査定満足度
4.0
グレード
不明
年式
2012年/平成24年
走行距離
15,001~20,000
ユーザーコメント

希望額にちかかった

PICK UP
神奈川県 40代男性
査定時期 2014年6月
最高売却額
95.0万円
見積り数
6社:最大11.0万円
査定満足度
4.0
グレード
不明
年式
2012年/平成24年
走行距離
~5,000
ユーザーコメント

買取価格が高かったので!

PICK UP
茨城県 60代男性
査定時期 2013年7月
最高売却額
112.0万円
見積り数
5社:最大7.0万円
査定満足度
5.0
グレード
該当なし
年式
2012年/平成24年
走行距離
5,001~10,000
ユーザーコメント

なんと言っても金額がダントツであり、担当の方も非常に紳士的で丁寧に説明してくれた。その後、次の車のディーラーから111万で相談があったが丁重に断った。ただ、前日からビッグモーターの担当の方がいろいろ説明してくれ、査定のリーダーシップをとってくれたが、金額が低かったので残念だった。

口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP