BMW Z4 2019年03月~モデルの買取・査定相場

BMW Z4
BMWは、オープン2シーターのロードスターモデル、「BMW Z4」を2019年3月25日に発表、同日より販売を開始した。約2年ぶりの復活となる「Z4」は先代モデルに対してボディサイズを拡大。全長4335(+85)mm×全幅1865(+75)mm×全高1305(+15)mmとなったが、ホイールベースは2470(-25)mmと短くなっている。エクステリアはひと目で新型Z4だとわかる新しいデザインコンセプトを採用した。ヘッドライトは光源を縦方向に配置するとともに、メッシュ状のワイドなキドニーグリルを装着。ホイールハウスを覆うクラムシェル型エンジンフード、サイドの長く鋭いキャラクターライン、丸みを帯びたリヤビュー、スリムデザインのL字型テールランプなどを特徴としている。新型は先代のリトラクタブルハードトップに対して、より重心を下げるソフトトップとした。コンパクトなデザインでオープン/クローズ時ともに281Lのトランク容量が確保され、時速50㎞以下の走行時に10秒で開閉することが可能だ。パワーユニットは最高出力145kW(197ps)/4500rpm、最大トルク320Nm/1450~4200rpmを発生する2.0リッター直4ターボ、最高出力250kW(340ps)/5000rpm、最大トルク500Nm/1600~4500rpmを発生する3.0リッター直6ターボを設定。トランスミッションは両エンジンとも8速ATが組み合わされている。「Z4 sDrive20i M Sport」には、M Sportサスペンションに加えて、オプションで電子制御ダンパーを備えたアダプティブM Sportサスペンションが装着可能。また、「Z4 M40i」には、アダプティブM Sportサスペンションを標準装備し、コーナリング後の加速性向上や安定性などを大幅に向上させるMスポーツ・ディファレンシャルを搭載する。さらにZ4としては初めてバリアブルスポーツステアリングが全モデルに標準装備された。インテリアは、10.25インチのコントロールディスプレイやフルデジタルメーターパネルなど、視認性を高めたディスプレイを搭載。ドライバーオリエンテッドなインテリアとし、ロードスターのセグメントとしては初めてヘッドアップディスプレイを設定した。また、AI技術を活用して音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となる最新の機能「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」、総合テレマティクスサービスの「BMWコネクテッド・ドライブ」を装備した。なお、Z4の発売を記念して、「M40i」をベースにフローズン・グレーのボディカラーを採用した「Frozen Grey(フローズン・グレー)」を30台の限定で用意した。2020年4月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW Z4の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW Z4 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

BMW Z4を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP