BMW 2023年02月~モデル(iX1 )の買取・査定相場

BMW iX1
BMWは、コンパクトSUVの「X1」のフルモデルチェンジに合わせて電気自動車「iX1」を設定して、2023年2月17日に発売した。今回発売されたiX1はX1と同様に、内外装ともに力強くもモダンで、シンプルながらも洗練された印象とした。また、BMWカーブドディスプレイの採用や、iDriveコントローラーの廃止など、ユーザーインターフェースにおいても大幅なデジタル化を実施している。最高出力190PS(140kW)、最大トルク247Nmを発揮する電気モーターを前輪と後輪に施した4輪駆動モデルで、システムトータルの最高出力は200kW、最大トルクは494Nm。ボディ床下に収納されているリチウムイオン電池のバッテリー容量は66.5kWhで、一充電での走行可能距離は465km、0-100km/hは5.6秒と公表されている。エクステリアは、BMWならではの正方形に近い大型キドニーグリルや、BMWデザインの意匠のひとつである環状のシグネチャーを2回繰り返すツインサーキュラーを進化させたアダプティブLEDヘッドライトを装備。また、水平方向のキャラクターラインや立体的なLEDリアコンビネーションライト、ドアハンドルをドアパネルと一体化させたフラッシュハンドルなどを採用した。インテリアでは、メーターパネルとコントロールディスプレイを一体化することで大型化した。タッチ操作による操作性を高めたBMWカーブドディスプレイを採用するとともに、シフトレバーを廃止してセンターアームレストに操作系を集約した。リアは40:20:40分割可倒シートを搭載して、大人3名乗車時には540リッター、リアシートを前方にすべて倒すことで最大1600リッターのラゲッジスペースを確保した。そのほか、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)やレーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)、レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィックウォーニング、ペダル踏み間違い急発進抑制機能などを標準装備している。ラインナップは、モダンなイメージを保ちつつエレガントに仕上げたxLine(エックスライン)と、スポーティさを強調したM Sport(エム・スポーツ)の2種類を設定した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW iX1の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW iX1 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

BMW iX1を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP