トヨタ ヤリスクロスハイブリッド 2020年08月~モデルの買取・査定相場

トヨタ ヤリスクロスハイブリッド
トヨタは、新型コンパクトSUV「ヤリスクロスハイブリッド」を2020年8月31日に発表、同日より販売を開始した。ヤリスクロスハイブリッドはヤリスシリーズの「軽快な走り」、「先進の安全・安心技術」、「低燃費」を受け継ぎ、新たな価値を追求したカジュアルなコンパクトSUV。「ENERGETIC SMART」をデザインキーワードとするエクステリアは、都会的でありながらSUVらしい力強さを表現したという。ボディサイズは全長4180㎜×全幅1765㎜×全高1590㎜、ホイールベース2560㎜。同社のコンパクトSUV「ライズ」と「C-HR」の中間に入る大きさだ。インテリアはセンターコンソールからディスプレイオーディオ(DA)にかけての縦の流れを強調させて力強さ表現。インストルメントパネル上部は「スラッシュ成形」によるソフトパッドを採用したほか、温かみのある新素材フェルトをドアトリムに採用するなど、ヤリスよりも上質なイメージで仕立てられている。リヤシートはトヨタコンパクトSUVでは初となる4:2:4分割機構(「X」は6:4分割)、6:4分割アジャスタブルデッキボード(FFの「Z」、「G」)を設定。デッキボード下端時には大容量の荷室スペースを確保しており、110Lのスーツケース2個または、9.5インチのゴルフバッグ2個を収納可能とした。さらにハンズフリーパワーバックドアを設定し、スマートキー携帯時にリヤバンパーの下に足を出し入れするだけでバックドアの自動開閉が可能(トヨタコンパクトSUV初)。開閉スピードも既存の採用モデルに対して約2倍の速さとなった。パワーユニットは最高出力67kW(91ps)/5500rpm、最大トルク120Nm/3800~4800rpmを発生する1.5リッター3気筒直噴エンジンにフロントモーター59kW(80ps)/141Nm、リヤモーター3.9kW(5.3ps)/52Nmの組み合わせ(システム出力は85kW)。FFと電気式4WDシステムのE-Fourを設定し、E-Fourはスタックからの脱出や滑りやすい路面での安定走行をサポートする「トレイルモード」、滑りやすい路面でのスムーズな発進・走行に貢献する「スノーモード」を設定。下り坂での安定走行に寄与する「ダウンヒルアシストコントロール」も採用されている。コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用し、低重心&高剛性ボディを実現。足まわりは前ストラット、後トーションビーム式とし、FFと4WDの最低地上高を170㎜とした。最小回転半径は5.3m。燃費性能については駆動方式やグレードによって異なり、ガソリン車は17.4~20.2km/L(WLTCモード)に収まる。予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」は全グレードに標準装備。「Z」には先行車や対向車のいる状態でも自動的に遮光しながら周辺をハイビームで照らし、夜間走行時でもすぐれた視認性を確保する「アダプティブハイビームシステム(AHS)」をオプション(トヨタコンパクトSUVとしては初)として用意。停電などの非常時に活用できるアクセサリーコンセント(AC100V/1500W)の設定もハイブリッド車ならでは。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ ヤリスクロスハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ ヤリスクロスハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ ヤリスクロスハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP