トヨタ 2023年06月~モデル(ヴェルファイア )の買取・査定相場

トヨタ ヴェルファイア
トヨタは、高級ミニバンの新型「ヴェルファイア」を2023年6月21日に発売した。4代目となる新型「ヴェルファイア」は、「性能を世界基準に昇華させる」を開発テーマにプラットフォームを最新のGA-Kに刷新。ただのミニバンではない“高級サルーン”として、振動・騒音対策、燃費や走りといった基本性能を向上させつつ、内外装デザイン、ゆとりの室内空間、使い勝手といった商品性を高めている。エクステリアデザインでは「Forceful×IMPACT LUXURY」をキーワードに、全体的なカタマリ感を意識して、闘牛が躍動しているかのようなモチーフのデザインに取り組んだという。ヴェルファイア専用デザインとなるフロント部には突進するような力強さを生み出すべく、エンブレム部分が最先端になる逆傾斜の形状とした。また、ボディサイド部分のフロントからリヤにかけては、地面を蹴り出すような力強さを演出するため、ダイナミックに凹凸を持たせている。インテリアでは、運転席と2列目シートおよび3列目シートとの距離を従来型比でそれぞれ5mm/10mm拡大。また、従来は天井の左右など、各所に点在していた照明や各種スイッチ類、エアコン吹き出し口などの機能を天井中央に集約するため、スーパーロングオーバーヘッドコンソールを新採用した。さらに後席の快適性を重視して、基本骨格を見直すとともに、乗員に伝わる振動・騒音の低減を図っている。足回りは、フロントサスペンションをTNGA用のマクファーソンストラット式に刷新。リヤサスペンションは従来のダブルウィッシュボーン式をベースに新開発した。また2列目のシートには、クッションフレームの取付部分にゴム製のブッシュを配置すると同時に、背もたれ・アームレストに低反発のフォームパッドを採用するなど、振動の抑制を目指している。今回は「王道」のアルファードに対して、「こだわり」のヴェルファイアとして、パワートレーンやシャシーも明確に差別化。パワートレーンは、2.5リッター直列4気筒DOHCエンジン(A25A-FXS)にトヨタハイブリッドシステムを組み合わせて、システム最高出力184kw(250ps)を発生するハイブリッドモデルのほか、ガソリンモデルは専用の2.4リッターターボエンジンを用意した。安全機能では、最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」や、高度運転支援技術「トヨタ チームメイト」などを搭載した。今回のモデルチェンジにあたり、アルファードとの差別化を図って専用グレード「Z プレミア」を新設定。黒を基調とした金属加飾でアグレッシブさに上質感を加えた外観としている。加えて、専用のサスペンションチューニングやボディ補強を施すとともに、専用のパワートレーンユニットを設定した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ ヴェルファイアの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ ヴェルファイア 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ ヴェルファイアを一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にヴェルファイアの買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

PICK UP
福島県 50代男性
査定時期 2023年10月
最高売却額
1056.0万円
見積り数
4社:最大106.0万円
査定満足度
3.0
グレード
Zプレミア
年式
2023年/令和05年
走行距離
~5,000
ユーザーコメント

自分で最低落札額を決めれるから

口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP