トヨタ GR86 2021年10月~モデルの買取・査定相場

トヨタ GR86
トヨタは、新型「GR86」を2021年10月28日に発売した。GR86はトヨタとスバルによる共同開発により誕生したFRスポーツクーペ。2代目はBRZとGR86のベースを共有しながら、それぞれの個性を際立たせる走りの味を持たせることに注力。GR86の伝統を継承しつつ、スバル開発陣と切磋琢磨しながら「GRらしい走りの味」を追求している。エクステリアはフロントデザインがBRZと差別化され、GRブランド専用の「ファンクショナルマトリクスグリル」を採用。さらにモータースポーツ参戦車からフィードバックされたフロントエアアウトレットをはじめ、サイドシルスポイラー、ダックテールなどの空力アイテムを設定。ボディサイズは、全長4265㎜×全幅1775㎜×全幅1310㎜(アンテナ含む数値。ルーフ高は1280㎜)。2575㎜のホイールベースは先代と変わらないが、全長はわずかに伸びている。インテリアはシンプルな水平基調のインストルメントパネルにスイッチなどの操作系を最適に配置し、運転に集中できる空間とした。メーターには7インチカラー液晶+LCD液晶を組み合わせたデジタルメーター(BOXERメーター)を採用。フロントシートは体をホールドする部分を独立したパッド形状とし、グリップ性にすぐれる素材をシート表皮に採用した。軽量化と同時にクルマとの一体感を感じられるような座り心地としている。パワーユニットは初代の2.0リッターから排気量を拡大。2.4リッター水平対向4気筒エンジンは最高出力173kW(235ps)/7000rpm、最大トルク250Nm/3700rpmを発生し、0-100km/h加速を従来型の7.4秒から6.3秒に向上させている。同時にレスポンスも向上させ、高回転までストレスなく伸びるフィーリングを持たせている。トランスミッションは6速MTと6速ATを設定している。MT搭載車はシフト構造を見直してシフトフィールにこだわり、AT搭載車は走行シーンに応じて「スポーツ」、「スノー」など多彩なモードを選択可能。スポーツモードではブレーキ/アクセル操作と車両の挙動をセンシング、最適なギヤへ自動的にシフトさせることで意のままのドライビングが確かめられるという。ボディは従来型に対してフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%向上。これによりステアリング操作に対する応答性、コーナリング時における軽快なハンドリングを特徴としている。また、フロントフェンダーとエンジンフード、エンジンアンダーカバー、ルーフにアルミ材を採用することで、軽量化と低重心化を追求している。運転支援システムについては、AT車に「アイサイト」を標準装備。プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付きクルーズコントロールにより安全で快適なドライブをサポートする。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ GR86の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ GR86を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP