トヨタ 2012年12月~モデル(クラウンアスリート )の買取・査定相場

トヨタ クラウンアスリート
トヨタはクラウンアスリートをフルモデルチェンジし、2012年12月25日に発売した。クラウンは国産車の中でも長い歴史を持つモデルであり、今回のモデルが14代目に当たる。クラウンではロイヤルシリーズがその中核を受け継いできたが、ひと世代前のモデルからアスリートシリーズが上級シリーズとして位置するようになっている。新型クラウンはハイブリッドによる優れた環境性能や走りの性能を進化させるとともに、快適性や静粛性など、クラウンならではの魅力を進化させた。外観デザインは迫力いっぱいのフロントマスクが印象的。ロイヤル系とは明確に異なる切れ込みの入った大型のフロントグリルとロワーグリルを採用することで、スポーツモデルのアスリートらしい存在感を表現している。旧型モデルに比べ20mm(今回のロイヤル系と比べても10mm)低い全高を採用することで、低く構えた走りの良さを感じさせるサイドビューを作っている。リヤもバンパースポイラーなどによってスポーティさが表現されている。インテリアは木目調パネルの色がロイヤル系の茶木目に対し、アスリートには黒木目が採用され、やはり金糸柄入りの木目調パネルとなっている。センタークラスターに配置された大きな液晶画面が印象的。さらにその下部に5インチのTFTタッチティスプレーを採用し、トヨタマルチオペレーションタッチという新しい操作系を採用した。ボディは全長と全幅を拡大したが、全幅は1800mmに抑えており、国内での使い勝手に配慮している。最小回転半径は5.2m(4WDは5.4m)で小回り性能にも優れている。搭載エンジンは2機種で、V型6気筒3.5リッターが2GR-FSE型で232kW(315ps)/377N・m、V型6気筒2.5リッターは4GR-FSE型で149kW(203ps)/243N・mの動力性能を発生する。いずれも直噴仕様のエンジンだ。3.5リッターには8速ATが、2.5リッターには6速ATが組み合わされる。FRを基本に各グレードに4WDモデルのi-FOURがラインナップされている。装備は快適装備がいっぱいに盛り込まれているほか、充実した安全装備が注目される。トヨタブランド車初のアダプティブハイビームアシストを始め、車庫入れや狭い場所での取り回しに便利なパノラミックビューモニター、インテリジェントクリアランスソナー、プリクラッシュセーフティシステム、ポップアップフードなどがグレードによって標準またはオプションで用意されている。最新の機能を盛り込んだHDDナビゲーションシステムやトヨタプレミアムサウンドシステムをを搭載するほか、ベースグレードのアスリートにはオーディオレスの仕様を設定している。グレードは3.5リッターがアスリートGとアスリートS、2.5リッターはアスリートGとアスリートS、アスリート、4WD車は2.5リッター車に設定され、やはり3グレードが設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ クラウンアスリートの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ クラウンアスリート 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ クラウンアスリートを一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にクラウンアスリートの買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

ヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP