スズキ バレーノ 2016年05月~モデルの買取・査定相場

スズキ バレーノ
スズキは新型コンパクトカーのバレーノを2016年3月9日に発売した。なおターボ車については5月13日に発売される。バレーノは先に発売したイグニスに続く登録車で、Aセグメントに位置するイグニスに対し、少し大きなボディを持つBセグメントの5ドアハッチバック車だ。2015年秋の東京モーターショーにも参考出品されていて、日本の自動車メーカーとして初めてインド製の乗用車を輸入するものだ。なお車名のバレーノはイタリア語で閃光を意味する。全長は4mを切るコンパクトさながら、全幅は1745mmに達していて登録は3ナンバー車となる。Bセグメント用に新開発されたプラットホームを採用し、2550mmの長めのホイールベースとすることで、広い室内空間や十分なラゲッジスペースを確保している。外観デザインはリキッドフローをテーマに、凝縮したエネルギーを前方へ解き放つイメージを表現したという。全体にワイド&ローのボディはパネルが光と陰を演出し、躍動感を感じさせている。縦型のヘッドランプは上級グレードにディスチャージヘッドランプが採用され、同様にリヤのコンビランプには面発光するLEDランプが設定されている。インテリアは横方向にワイドに構えたインパネが広がりを感じさせ、ブラックの内装にメッキやピアノブラック塗装、シルバー加飾を施すことなどによって質感を表現した。搭載エンジンは2機種。新たに開発された直列3気筒1.0リッターのKC10型は、ブースタージェットと呼ぶ直噴ターボ仕様で、82kW(111ps)/160N・mのパワー&トルクを発生し、電子制御6速ATと組み合わされる。もう1機種はソリオやイグニスに搭載されているのと同じK12C型の自然吸気DOHCで、2個のインジェクターを持つデュアルジェットエンジンとして67kW(91ps)/111N・mのパワー&トルクを発生し、副変速機付きCVTと組み合わされる。バレーノでは新プラットホームをベースに、ボディのみならずエンジンやサスペンションに至るまで徹底した軽量化が図られ、自然吸気エンジンの搭載車では910kg、ターボ車では950kgと、いずれも1tを切る軽さを達成している。安全装備はミリ波レーダー方式のレーダーブレーキサポートIIを標準装備する。人間を見分けることはできないが、ミリ波レーダーによって遠くまで見ることができ、移動車両に対する前方衝突警報は時速5㎞から時速100kmまで対応して警報を発する。自動ブレーキ機能は停止車両に対しては時速30kmまでの領域で、また移動車両に対しては時速100kmまでの領域で対応できる。またミリ波レーダーを採用することで、時速40km~100kmの範囲内で車間距離を調整しながら追従走行するアダプティブ・クルーズコントロールも標準装備する。カーナビやオーディオはオプション設定だが、一般的な快適装備は標準で用意され、またグレードによっては本革シートが設定されるなど、充実した仕様が用意されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スズキ バレーノの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スズキ バレーノ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スズキ バレーノを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP