スバル 2022年01月~モデル(サンバートラック )の買取・査定相場

スバル サンバートラック
スバルは、軽キャブトラックの「サンバートラック」を2022年1月13日に大幅改良を実施、同日より販売を開始した。サンバートラックはダイハツハイゼットトラックのOEM車。従来からの広い荷台をそのままに、新型では快適装備や使い勝手の向上が図られている。エクステリアはハイゼットトラックに準じたまとまり。最上級グレードの「グランドキャブ」はハイゼットジャンボと同じく、標準モデルに対して室内長を270㎜、室内高を90㎜拡大したゆとりの空間を実現。ボディカラーは「ホワイトⅢ」、「ブライトシルバーメタリック」が基本となり、グランドキャブに設定されたカラーパック装着車は合計6色から選択可能だ。インテリアはインパネ上部にアッパートレイを新設したほか、頭上スペースを活用したオーバーヘッドシェルフなど、運転席から手が届く範囲を中心に充実した収納スペースを設定。また、キーを取り出すことなくドアの開閉やエンジンの始動が可能なキーレスアクセス&プッシュボタンスタートも用意されている。パワーユニットは最高出力34kW(46ps)/5700rpm、最大トルク60Nm/4000rpmを発生する3気筒NAエンジン。トランスミッションは小型化することで軽商用車の床下スペースへの搭載を実現した新開発のFR用CVTと5速MT。2WDと4WDを設定し、CVTの4WD車には路面状況に応じて駆動力を制御する「4WD AUTO」、農地や未舗装路で威力を発揮する「4WD LOCK」に切り替え可能な電子制御式4WDを採用。また、一部4WD車にはぬかるみからの脱出を容易にするスーパーデフロックをCVT車にも設定。WLTCモード燃費は、15.6(5速MT)~16.5㎞/L(FF CVT)を実現している。予防安全・運転支援システムの「スマートアシスト」は最新のステレオカメラを搭載し、従来の車両・歩行者に加え、二輪車・自転車を追加。夜間の歩行者検知も可能とした。さらに「ふらつき警報」、「路側逸脱警報機能」、「車線逸脱警報機能」、「車線逸脱抑制制御機能」、「ブレーキ制御付き誤発進抑制機能」、「先行車発進お知らせ機能」、「コーナーセンサー」を全車に標準装備。ハイビームアシスト(TA/TB)、ハイビーム走行時に先行車や対向車を検知した際に部分的に減光するアダプティブドライビングビーム(TC/グランドキャブ)も装備されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スバル サンバートラックの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スバル サンバートラック 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スバル サンバートラックを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP