スバル プレオプラス 2012年12月~モデルの買取・査定相場

スバル プレオプラス
スバルは軽自動車に求められる機能性や経済性を徹底追求した新しいモデルとしてプレオプラスを2012年12月11日から発売した。スバルの軽自動車はダイハツからORM供給を受けるようになっていて、プレオプラスはミライースをベースにしたクルマである。外観デザインは基本的にミライースと共通で、相違点はエンブレムが異なるだけだ。エコ&スマートを表現したシンプルで機能性的なデザインで、燃費向上のために空力性能にも配慮した。ボディカラーは全10色が設定される。インテリアはルミネセントデジタルメーターや金属基調のフラッシュパネルオーディオにより、新鮮さと質感を演出した。カップホルダー付きセンターコンソールトレイ、インパネロアポケット、カーゴルームアンダーボックスなど便利な装備や収納も充実している。コンパクトなボディながら、長めのホイールベースによって実用性と快適性を兼ね備えた広い室内空間を作っている。前後席間距離は930mmが確保され、大人が座ってもゆとりのある足元空間が作られている。全幅との関係から横方向は広さには限界があるが、大人4人が乗れる空間である。前後のドアはほぼ直角に近いくらいまで開くので、開口部が大きくてスムーズに乗り降りできるほか、チャイルドシートの積み下ろしなども容易である。エンジンは自然吸気の660ccで、車両が停止する前に時速約7km以下になるとエンジンを停止するアイドリングストップ機構を備えたのを始め、減速時に運動エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーに回生するエコ発電充電制御などの環境技術を採用する。このほか、ボディ骨格の設計合理化、内装パーツの構造見直しなどさまざまな軽量化を図るとともに、高効率エンジンとCVTの採用などによって、ガソリン車トップレベルの低燃費30.0km/Lを達成し、全車ともエコカー減税の免税レベルに適合させている。安全性に関しては、高張力鋼板を効果的に使用したことや、軽量かつ高強度・高剛性のボディを採用し、フロントサイドメンバーを高効率エネルギー吸収構造とによって基本的な案税制を確保した。さらに歩行者保護性能にも配慮し、フードやフェンダーなど各所に衝撃吸収構造を採用した。安全装備は、デュアルSRSエアバッグを全車に標準装備したほか、上級グレードには横滑り防止装置のVDCとSRSサイドエアバッグも標準装備している。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スバル プレオプラスの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スバル プレオプラス 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スバル プレオプラスを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP