ルノー 2022年09月~モデル(キャプチャー )の買取・査定相場

ルノー キャプチャー
ルノー・ジャポンは、コンパクトSUV「キャプチャー」にハイブリッドモデル「E-TECHハイブリッド」を設定して、2022年8月25日に発表、同年9月1日に発売した。新たに設定された「E-TECHハイブリッド」は、同社の「アルカナ」や「ルーテシア」にも採用されているルノー独自のハイブリッドシステム「E-TECHハイブリッド」を搭載したモデル。F1で培ったノウハウをフィードバックして、1.6リッター4気筒自然吸気エンジンに、メインモーターであるE-モーターとサブモーターのHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)、これらを繋ぐ電子制御ドッグクラッチマルチモードATで構成され、「アルカナ」と並んで輸入SUVトップを謳う22.8km/LのWLTCモード燃費を実現した。電子制御ドッグクラッチマルチモードATは、モータースポーツの世界で使用されるドッグクラッチを採用し、軽量化とコンパクト化を図ったルノー独自開発のハイブリッドシステム。モーター側に2つ、エンジン側に4つのギアを持ち、12通りの変速比でモーターとエンジンのパワーを効率良く引き出すことができるという。またモーターとエンジンを走行状況に応じてもっとも効率良く組み合わせることで、燃費の向上や排出ガスの削減を達成。発進時は低速域で効率の高いモーターのみで駆動し、スムーズな発信をサポート。中速域ではモーターとエンジンを最適に組み合わせ、素早いレスポンスと息の長い加速が期待できる。従来のハイブリッド車が苦手とする高速域では、巡航時には効率の高いエンジンを積極的に使用し、追越し時にはエンジンをモーターがアシストすることで、力強い加速を得られるように図っている。ブレーキペダルを踏み込むと、回生ブレーキが作動し、減速エネルギーを回収する。さらに制動力が必要な場合は、ブレーキパッドを介して「機械的」なブレーキが作動。ギアポジションをB(ブレーキ)にするとエネルギー回生能力が高まり、より多くのエネルギーを回収できる。また1.2kWh(250V)の駆動用バッテリーが搭載され、市街地走行時にはバッテリーに充電された電気で積極的にモーターのみで走行し、燃費向上に貢献。減速エネルギーを回収した際には、バッテリーに回生充電される。装備面では、バックする際の安全性を高めるリアクロストラフィックアラートや、10.2インチフルデジタルインストゥルメントパネルなどを備えているほか、メーカーオプションとして「レザーパック」(運転席電動調整機能付レザーシート)などを設定した。同年10月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ルノー キャプチャーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ルノー キャプチャー 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ルノー キャプチャーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP