ポルシェ タイカン 2019年11月~モデルの買取・査定相場

ポルシェ タイカン
ポルシェジャパンは、ポルシェ初のEV「タイカン」を2019年11月20日に初披露し、予約注文受付を開始した。2020年6月5日に価格を発表した。ラインアップされたのは「タイカン ターボS」、「タイカン ターボ」、タイカン4S」の3モデル。ボディサイズは、全長4963㎜×全幅1966㎜×全高1378~1381㎜、ホイールベース2900㎜。4ドアクーペボディはパナメーラよりも短く、ややワイドで、フロントフェンダーやルーフラインはポルシェならではのもの。インテリアもポルシェらしいデザインとし、ドライバー正面のインストゥルメントクラスターはポルシェでは初となるフルデジタル式液晶パネルを採用。また、ホーム画面からすべての機能に直接アクセスできるオペレーティングシステムを新たに採用、助手席正面には10.9インチのフロントパッセンジャーディスプレイをオプションで用意するなど、すべての乗員に対して使いやすく、便利なインターフェイス環境を整えている。パワーユニットは前後アクスルに1つずつの永久磁石シンクロナスモーターを搭載する。システム出力はターボSが最高出力460kW(625ps)/最大トルク1050Nm、ターボは460kW(625ps)/850Nm、4Sが320kW(435ps)/640Nmを発生し、ローンチコントロール時にはそれぞれでオーバーブースト出力が生み出される。0-100km/h加速はターボSが2.8秒、ターボは3.2秒、4Sで4.0秒と発表されており、最高速もターボSとターボが260km/h、4Sが250km/hをマークする(数値はいずれも欧州仕様)。駆動用バッテリーはターボSとターボが93.4kWh、4Sが79.2kWh。高速充電を可能とする800Vの電圧システム、リヤアクスル用に新開発された自動切り替え式2速トランスミッションの採用が新しい。シャシーではアダプティブエアサスペンション、速度に応じてリヤホイールを操舵するリヤアクスルステアリング、アクティブ制御によるロール抑制システムの「ポルシェダイナミックシャシーコントロールシステムスポーツ」、速度に応じてリヤホイール左右個別でブレーキを掛けて走行安定性を高める「ポルシェトルクベクトリングプラス」を採用した。日本仕様はレーンチェンジングアシスト、アダプティブクルーズコントロール、サラウンドビュー付きパークアシストなど、他のマーケットではオプションとなる装備を標準で搭載している。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ポルシェ タイカンの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ポルシェ タイカンを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP