日産 セレナ 2015年11月~モデルの買取・査定相場

日産 セレナ
日産はセレナに外観デザインの変更や安全装備の充実化、燃費の向上など、大幅な改良を加えたマイナーチェンジを実施し、2013年12月25日に発売した。全車とも外観はフロントからリヤまでデザインに手が加えられた。全車とも立体的で存在感のあるフロントグリルや、二段構えのヘッドランプを採用したほか、フードやフェンダー、バンパーのデザインも変更した。さらにハイウェイスターは、サイドシルプロテクターやアルミホイール、LEDリヤコンビネーションランプにも変更を加えている。ボディカラーは5色の新色を追加し、全9色の設定とした。フロントドアのスーパーUVカット断熱グリーンガラスの採用をはじめ、フロントウィンドウに開放感と防眩を両立するトップシェード、3列目シートにパーソナルテーブルなど、快適性や使い勝手をより向上させる装備を追加した。先進安全装備としては、衝突回避を支援するエマージェンシーブレーキとLDW(車線逸脱警報)を、20Sを除く全グレードに標準装備し、MOD(移動物検知)機能を追加したアラウンドビューモニターや踏み間違い衝突防止アシスト、ふらつき警報なども追加した。2014年5月8日にはライダーをベースに、フロントの灯火装置にシャープな白色LEDを採用して先進感あふれるフロントマスクとした特別仕様車「ライダー ブラックライン ZZ」を発売した。同年10月1日にはハイウェイスターとハイウェイスター“アドバンスドセーフティパッケージ”をベースに、LEDヘッドランプとワンタッチオートスライドドア(両側)を標準装備した特別仕様車「「Vセレクション+セーフティ」を発売した。同年11月13日にはハイウェイスター Vセレクション+セーフティをベースに、フロントプロテクターや専用ダーククロムグリルなどを追加装備した特別仕様車「エアロモード」を発売した。2015年7月15日には、LEDヘッドランプやワンタッチオートスライドドア(両側)などを追加装備した特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティII」と「ハイウェイスター Vエアロモード+セーフティII」、「20X Vセレクション+セーフティ」を発売した。あわせて前席ヒーター付シート(20Sを除く)や日産オリジナルナビ取付パッケージを全車にオプション設定するなど、一部仕様を変更した。なおセレナの一部仕様変更にあわせ、カスタムカー「ライダー」シリーズの仕様も一部変更した。同年11月25日にはハイウェイスター専用エクステリアを採用するとともに、ワンタッチオートスライドドア(助手席側)や、プッシュエンジンスターター、スーパーUVカットガラス(フロントドア)などを採用した「ハイウェイスター Sエディション」を新グレードとして設定した。なおカスタムカー「ライダー」シリーズにも「ライダー Sエディション」を設定している。あわせて20Sにエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)を標準装備した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
日産 セレナの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

日産 セレナ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

日産 セレナを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP