日産 キャラバンワゴン 2021年10月~モデルの買取・査定相場

日産 キャラバンワゴン
日産は、「キャラバン」ガソリン車を2021年10月20日にマイナーチェンジ、同日より販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは車名を「NV350キャラバン」から「キャラバン」に変更。グレード構成も一部見直され、プライベートユース向けの専用内外装を採用した「GRANDプレミアムGX」をバンに新設定した。さらに従来型の「DX EXパッケージ」の装備を強化した「EX」も新たに設定されている。エクステリアはフロントグリル、フロントバンパーのデザインをリニューアル。ボディカラーについても「ピュアホワイトパール」、「ミッドナイトブラック」、「ステルスグレー」を追加し、全8色を用意した。インテリアは黒を基調に落ち着いた雰囲気を持たせ、視認性や操作性を向上させたファインビジョンメーター(5インチTFTディスプレイ付き)、D型デザインとなったステアリングホイールを採用した。シートトリムの生地も変更されている。ワゴンで好評の中立姿勢を維持し、長時間ドライブでの疲労を軽減する「スパイナブルサポート機能付きシート」を全車標準装備としたほか、表皮にウイルスや菌の増加を抑制する抗菌加工を施したシートバックとクッションを全車に採用した。さらにステアリングのグリップ部分にも抗菌加工の素材を使用。寒冷地仕様の4WDには運転席と助手席にシートヒーターがオプション設定された。トランスミッションはマニュアルモードを備えた7速ATを全モデルに採用。これにより動力性能と燃費の向上とともに、高速走行時の静粛性を向上させたという。安全性能についても新たに「インテリジェントエマージェンシブレーキ」を全車標準装備とし、歩行者の検知を可能とした。さらに「インテリジェントルームミラー」をEX以上のグレードに装備したほか、「インテリジェントアラウンドビューモニター」の機能性を向上させている。マイナーチェンジに合わせて特別仕様車の「プロスタイル」が設定されたほか、オーテックジャパンの車中泊仕様車、「ライフケアビークル」シリーズ、「ワークユースビークル」シリーズのガソリン車もマイナーチェンジを受けている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
日産 キャラバンワゴンの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

日産 キャラバンワゴンを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP