三菱 アウトランダー 2019年09月~モデルの買取・査定相場

三菱 アウトランダー
三菱自動車は、ミドルクラスSUVの「アウトランダー」を一部改良して、2019年9月12日に発売した。今回の一部改良では、4WDモデル全車に、優れた操縦性と高い走破性を実現する車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備した。AYCブレーキ制御を「アウトランダー」専用にセッティングし、ステアリング操作に対して応答遅れのないドライバーの意図通りのコーナリングを実現。発進時に車輪の空転をブレーキで抑制することで、雪道などの滑りやすい路面でも力強い発進を可能とした。また従来の走行モードである「AWC ECO」、「NORMAL」、「SNOW」に加え、新たにラフロードでの走行に適した「GRAVEL」を追加設定し、高い走破性を実現した。さらに、専用設計した「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに「24G プラスパッケージ」にオプション設定した。510Wのパワーアンプや8個のスピーカーシステムを採用して、クリアかつ存在感のある音質を実現。室内形状やスピーカー位置に合わせて専用の音響チューニングを施し、プレミアムツーリングにふさわしい、心地よい透明感のあるサウンドを奏でるオーディオシステムとした。「20G/24G プラスパッケージ」に新たに標準装備した「スマートフォン連携ナビゲーション」は、内蔵地図によるルート案内やVICS交通情報対応といった便利な機能に加え、AndroidスマートフォンやiPhoneをUSBポートにつなぐだけで、Android AutoやApple CarPlayのお気に入りのアプリケーションを使用可能。また、ディスプレイ画面を8インチに拡大して、見やすさや操作性を向上した。インテリアは、運転席に、腰部を適度に支持して運転姿勢を適正化させるパワーランバーサポート機能を採用。また、セカンドシートの形状やクッションを見直し、サポート性をアップした。ボディカラーは、強い輝きと深みをあわせ持つ上質なレッドダイヤモンドを新たに設定し、全7色展開とした。特別仕様車の「ブラックエディション」は、撥水機能付きのシート生地を新たに採用。室内天井に合わせてすべてのピラーをブラックで統一し、ステアリングホイール、シフトノブ、シートなどにアクセントとしてレッドステッチを施すとともに、ブラックカーボン調のオーナメントパネル(インストルメントパネル、ドアトリム)を採用して、上質な室内空間を演出。ボディカラーは、ルーフをブラックマイカに変更し、ブラックマイカ/レッドダイヤモンド、ブラックマイカ/ホワイトパール、ブラックマイカ/チタニウムグレーメタリックの2トーンカラーを新たに設定し、モノトーンのブラックマイカとあわせて、全4色展開とした。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 アウトランダーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 アウトランダー 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

三菱 アウトランダーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP