三菱 アウトランダー 2018年08月~モデルの買取・査定相場

三菱 アウトランダー
三菱自動車は、ミドルクラスSUVの「アウトランダー」を2018年8月23日にマイナーチェンジ、同日より販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは内外装デザインを変更するとともに質感を向上、安全性能を向上させるなど、より上質なSUVに進化させている。エクステリアはヘッドライト内部のデザイン変更と同時にハイビームにLEDを採用したほか、フロントグリル、フロントスキッドプレート、リヤスキッドプレート、アルミホイールのデザインを変更。「Gプラスパッケージ」にはリヤスポイラーが追加された。インテリアではオーナメントパネルやハザードスイッチパネルのデザインを変更したほか、ロアコンソールパネル、インパネ、ドアトリム部のオーナメントパネルに高級感のあるデザイン柄を採用(本革オプション選択時)し、シート、ドアトリム、コンソールアームレスト、メーターフード、ステアリングホイール、シフトノブにシルバーステッチを採用した。また、S-AWCの作動状態を示すメーター表示を変更し、視認性を向上させている。フロントシートはサイド形状を変更するとともにサポート部に硬さの異なるクッションを組み合わせることでホールド性を向上。メーカーオプションの本革シートには上質なスムーズレザーが採用された。装備では、後席用エアコン吹き出し口をフロアコンソール後部に追加したほか、パワーウインドー開閉操作を運転席から全席の窓をワンタッチ操作でオート開閉できる機能を新たに設定。安全装備でも衝突被害軽減ブレーキシステムと誤発進抑制機能(前進および後退時)を標準装備とし、全車を「サポカーSワイド」に該当させている。走行性能においては前席と後席ドア、ラゲッジルーム開口部、リヤホイールハウスのボディパネル接合部に構造用接着剤を塗布し、パネル同士の接合面積を増やすことで車体剛性を強化。また、前後ショックアブソーバーをサイズアップし、減衰力特性を改良することで乗り心地と操縦安定性の両立が図られた。ステアフィールの改善と応答性を向上させるためにステアリングギヤ比をクイック化し、電動パワーステアリングの制御を変更した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 アウトランダーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 アウトランダー 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

三菱 アウトランダーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP