ランドローバー レンジローバーイヴォーク 2017年06月~モデルの買取・査定相場

ランドローバー レンジローバーイヴォーク
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「レンジローバー イヴォーク」に特別仕様車「フリースタイル」と「クールスタイル」を設定し、2017年6月8日に受注を開始した。「フリースタイル」は90台、「クールスタイル」は54台限定。両モデルとも、オールテレイン・プログレス・コントロール(ATPC)やインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」などを標準装備した2017年モデルの「SE」をベースに開発。自動緊急ブレーキやアドバンスドパークアシスト、ハンズフリー・パワー・テールゲートなどを特別装備して、安全性や利便性を高めている。「フリースタイル」は、ボディカラーにフジホワイトを採用。キセノン・ヘッドライトやフロントフォグライトなどを含むSEテクノロジーパックや、レーンデパーチャー・ワーニング(車線逸脱警告機能)、レーンキープ・アシストなどの人気の高いオプションを標準装備しながら、ベースモデルより低い価格設定とした。「クールスタイル」は、フジホワイトとサントリーニブラックの2色のボディカラーを用意。ルーフとリアスポイラーをコリスグレーで仕上げたコントラストペイントや、18インチアロイホイール、フィギュアドマカッサルウッドのトリムなどを特別装備して、よりスタイリッシュな外観に仕上げている。同年6月23日には特別仕様車「アランチョ・ネロ」を設定し、24台の限定モデルとして同日に受注を開始した。「アランチョ・ネロ」は、2017年3月にオフィシャル契約締結をした読売巨人軍とのコラボレーション第1弾のモデル。読売巨人軍の本拠地である東京ドームにおける人気企画、東京ドームに来場したファンがジャイアンツカラーのタオルを使って人文字アート作る「アランチョ・ネロ」(アランチョはオレンジ、ネロはブラックの意味)の名前を冠した特別仕様車で、読売巨人軍高橋由伸監督の背番号にちなんで24台が限定販売される。ベースとなっているのは上級グレードの「HSEダイナミック」。ボディカラーは巨人軍のチームカラーをほうふつとさせる「フェニックス・オレンジ」にブラックルーフのデザインパックを採用し、黒でコントラストをつけた仕上がりとなっている。装備ではアダプティブクルーズコントロール(ACC)、レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)、などのドライバー支援システムをはじめ、フロントシートヒーター&クーラー、リヤシートヒーター、ハンズフリーパワーテールゲートなどが備わる。成約者には東京ドームの読売巨人軍主催試合に招待し、プレミアムラウンジからの観戦などの特典も用意されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ランドローバー レンジローバーイヴォークの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ランドローバー レンジローバーイヴォーク 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ランドローバー レンジローバーイヴォークを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP