BMW 1シリーズ 2019年08月~モデルの買取・査定相場

BMW 1シリーズ
BMWは、コンパクトモデルの「BMW1シリーズ」を2019年8月29日にフルモデルチェンジ、同日より販売を開始し、同年11月以降に納車を開始した。第3世代となる1シリーズはプラットフォームを一新し、FRからFFへと駆動方式を変更した。エクステリアは大型化し中央部が連結した新デザインのキドニーグリルと4灯ヘキサゴナルLEDヘッドライトを採用。サイドにはくっきりとしたプレスラインが与えられ、リヤホイールを強調するようなシルエットとしたほか、リヤには新デザインのL字型テールライトが装着されている。ボディサイズは全長4335mm(Mスポーツは4355mm)×全幅1800mm×全高1465mm、ホイールベース2670mm。従来型に対して全長は5mm短く(Mスポーツは15mm長い)、全幅は35mmワイド化され、全高は35mm高く、ホイールベースは20mm短くなった。だが、FFレイアウトの採用により後席足元スペースは40mm拡大されるなど、室内空間を広げている。ラゲッジルームも20L増加した380Lとなり、後席を倒すと1200Lまで拡大する。インテリアには5.1インチのメーターパネルディスプレイと8.8インチのコントロールディスプレイが標準装備。オプションで10.25インチのディスプレイを2つ備えた最新のBMWライブコクピットや、大型化したBMWヘッドアップディスプレイがラインアップされている。さらにQi規格のワイヤレス充電機能が標準装備されている。パワーユニットはベースグレードの「118i」に最高出力103kW(140ps)/4200~6500rpm、最大トルク220Nm/1480~4200rpmを発生する1.5リッター3気筒ガソリンターボと、ハイパフォーマンスモデルとなる「M135i xDrive」には最高出力225kW(306ps)/4500~6240rpm、最大トルク450Nm/1750~4500rpmの2.0リッター4気筒ガソリンターボを設定する。トランスミッションは118iに7速DCT、M135i xDriveには8速ATとインテリジェント4輪駆動システムが組み合わされる。運転支援機能としては新たにレーンチェンジングウォーニング、後部衝突警告機能、クロストラフィックウォーニング(リヤ)、スピードリミット情報表示機能が追加された「ドライビングアシスト」を標準装備。さらに直近に前進した50mの軌跡を記憶、その軌跡どおりに交代する際にステアリング操作を自動で行う「リバースアシスト」を装備した。オプションのナビゲーションパッケージ(M135i xDriveには標準装備)を選択することで、会話のみで車両の操作や情報へのアクセスが可能となる「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」が装備される。また、日本に導入されるBMWとしては初となるエンジンコントロールユニットで直接スリップを感知し、DSCを経由することなく、以前よりも3倍の速さでその信号を直接エンジンに伝達するタイヤスリップコントロール機能(ARB)が採用された。これによりアンダーステアが抑制され、より俊敏な走りを実現したという。※車両価格は、車両登録が2019年10月以降となる場合があるため、消費税10%に基づく価格(消費税10%込みの価格)を表示しています。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW 1シリーズの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW 1シリーズ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

BMW 1シリーズを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP