アウディ Q2 2018年09月~モデルの買取・査定相場

アウディ Q2
アウディジャパンは、プレミアムコンパクトSUV「アウディQ2」の装備、仕様を一部変更して、2018年9月20日に発売した。今回の一部仕様変更では、ベースモデルである「30 TFSI」に、アウディプレセンスフロントと、レイン/ライトセンサーを標準装備した。アウディプレセンスフロントは約10km/h以上で走行中は前方の車両を、約10-65km/hでは前方を横断中の歩行者も検知し、危険を察知するとドライバーに警告音と警告灯で注意を喚起。状況に応じて軽くブレーキを作動し、ドライバーが対応しない場合は、自動的にフルブレーキを行い追突の際の衝撃を低減する先進の安全運転支援システムだ。またオプション装備を充実し、「30 TFSI スポーツ」と「35 TFSI シリンダーオンデマンドスポーツ」 に、Q2シリーズとしては初となるS lineパッケージを設定。エクステリアでは、スポーツバンパーやS line ロゴを施し、インテリアにはS lineステアリングホイールやS line ロゴ入りのクロス/レザーシートを採用した。足回りは、スポーツサスペンションに5スポークYデザイン18インチアルミホイールを組み合わせた。あわせて特別仕様車「#コントラストリミテッド」を設定して、同日に250台限定で発売した。「#コントラストリミテッド」は、コントラストの効いた内外装が大きな特徴。エクステリアは、バンパー下部やホイールアーチ、サイドスカートなどを専用コントラストペイントのマンハッタングレーに、ラジエーターグリルはチタニウムブラック、そしてCピラーのブレードはマンハッタングレーのカラーリングを施した。また足元には、コントラストグレーの「5アームダイナミックデザイン18インチアルミホイール」を装着した。インテリアは、バーチャルコックピットやマルチカラーアンビエントライティングを装備。ダッシュボードやセンターコンソールサイドの内部に組み込まれたLED照明の色を10種類から選択可能で、点灯や消灯、明るさも任意で設定できる。さらに安全運転支援システムである「アシスタンスパッケージ」のを標準装備。アダプティブクルーズコントロールやアウディアクティブレーンアシスト、アウディプレセンスフロントなどを備えている。ボディカラーは、グレイシアホワイトメタリック、コーラルオレンジメタリック、タンゴレッドメタリック、マコウブルークリスタルエフェクトの4色の設定。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ Q2の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ Q2 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ Q2を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP