フォルクスワーゲン アルテオン シューティングブレーク 2021年07月~モデルの買取・査定相場

フォルクスワーゲン アルテオン シューティングブレーク
フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ワゴンモデルの「アルテオンシューティングブレーク」を2021年7月13日に新設定、同日より販売を開始した。新たにラインアップされたシューティングブレークは、マイナーチェンジを受けた5ドアクーペの「アルテオン」と共通のフロントデザインを採用する。ワゴン化されたリヤデザインはすぐれた実用性を確保しながら、アグレッシブなデザインも兼備した仕上がり。全長4870㎜×全幅1875㎜×全高1445㎜、ホイールベース2835㎜のボディサイズはマイナーチェンジされた5ドアクーペと共通で、従来型(5ドアクーペ)に対して全長は5㎜長く、10㎜高くなった程度。エクステリアはフロントグリル中央の新しいVWバッチを取り囲むように2本のクロスバーを設置し、その外側には従来よりも低いポジションにLEDヘッドライトを装着。2本のクロスバーの下側には光ファイバーケーブルを設置し、デイタイムランニングライト&サイドマーカーライトの役割を果たすとともにターンシグナルとしても機能する。インテリアは5ドアクーペと共通のまとまり。従来型5ドアクーペに対してダッシュパネル最上部とドアトリムは「レザレット」でカバーされ、デコラティブステッチを施して上質かつ豪華なインテリアを創出。照明付きのトリムパネル、最大30色のカラーを選択できるアンビエントライトも標準で装備されている。室内空間にはゆとりがあり、とくに後席はクラス最大のレッグルームを確保。前後席のヘッドルームも5ドアクーペに対して増加した。ラゲッジルームは565リットルの積載容量を確保しており、後席を折りたたむことで1632リットルに拡大する。荷室の奥行きは2092㎜(フロントシートまで)の長さがある。パワーユニットは最高出力200kW(272ps)/5500~6500rpm、最大トルク350Nm/2000~5400rpmを発生する2.0リッター直4ターボ。トランスミッションは7速DSGとなり、フルタイム4WDの「4モーション」が組み合わされる。 ダンパーの減衰力や電動パワーステアリングの特性をコントロールする「アダプティブシャシーコントロール(DCC)」は全グレードで標準装備。日常走行に適した「ノーマル」、乗り心地重視の「コンフォート」、俊敏性を高める「スポーツ」の3モードが選択可能だ。装備では、デジタルメータークラスター「デジタルコクピットプロ」を全車に標準装備。新しくなった空調コントロールパネル上には9.2インチディスプレイの純正インフォテインメントシステム「ディスカバープロ(ナビゲーションシステム付き)」も標準装備となる。さらに新開発のハイエンドサウンドシステム「ハーマンカードン」がオプションで用意されている。最新の運転支援システムも数多く採用されており、同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」、緊急時停車支援システム「エマージェンシーアシスト」も備わる。シューティングブレークは「Rライン」、「Rライン アドバンス」、「エレガンス」の3グレードを展開。ボディカラーは「キングスレッドメタリック」、「キングフィッシャーブルーメタリック」、「ラピスブルーメタリック」など、全7色がグレードに応じて設定される。同年10月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フォルクスワーゲン アルテオン シューティングブレークの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フォルクスワーゲン アルテオン シューティングブレークを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP