トヨタ タンク 2016年11月~モデルの買取・査定相場

トヨタ タンク
トヨタは、新型ハイトワゴンのタンクを2016年11月9日に発売した。タンクは広々とした室内空間「Living」と余裕ある走り「Driving」を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」をコンセプトとするトールタイプの2ボックス。全長3700mm×全幅1670mmのボディはコンパクトクラスと遜色ない。しかし、全高1735mm高さとキャビンの長さが強調されたスタイリングで実際のサイズよりも大きく見える。扱いやすい大きさと最小回転半径4.6m(15インチタイヤ装着車は4.7m)のおかげで取り回しのしやすさは申しぶんない。フロントマスクは切れ長のヘッドランプに大開口アンダーグリルの組み合わせにより、躍動感を強調させた仕上がりだ。インテリアは水平基調のインパネをベースにスッキリと見晴らしのいい形状とした。インパネ、メータークラスター、ドアトリムはソフトな触感イメージやステッチを用い、レザー調の表面処理により上質感を演出。前席まわりには多彩な収納スペースを確保し、コンビニフックやアクセサリーソケットなどの便利アイテムも充実。UV&IRカット機能付きウインドシールドグリーンガラス+スーパーUV&IRカット機能付きグリーンガラス(フロントドア/フロントドアクォーター)も設定されている。フロントウォークスルー機構の採用により、前後座席間で移動はスムーズに行うことができる。リヤシートは240mmのスライド機構を備え、前方までスライドさせることで機内持ち込み用のスーツケース4個の積載が可能だ。リヤシートは最大70度まで倒せるリクライニング機構が備わり、後方へスライドさせれば大人もゆったりと座ることができる。シートアレンジについてもダイブイン機構で折りたためば1500mm超の荷室奥行きが得られる。デッキボードを反転し、防汚シートを広げることで自転車などの積み込みにも対応する。装備は脱着式大型センターダストボックス(容量5L)、紙パックのドリンクも置ける回転式カップホルダーをはじめ、多彩な収納スペースを用意する。両側パワースライドドア(X、X“S“は助手席側のみ)をはじめ、パワースライドドアに連動して点灯する後席ステップランプ、乗降用大型アシストグリップ(チャイルドグリップ付き)などの便利・快適アイテムも充実。さまざまな情報を画面に表示させる4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを標準装備し、駐車時や見通しの悪い交差点などで活躍するパノラミックビューはX、X“S”を除くモデルにオプションとした。パワーユニットは1.0リッター3気筒ターボと1.0リッター3気筒NAを設定する。いずれもCVTとの組み合わせとなり、新開発のターボエンジンは最高出力72kW(98ps)、最大トルク140Nmの性能をもたらし、1.5リッター並みのトルクを幅広い回転域で発揮する。1.0リッターNAも最終減速比のローギヤード化によって軽快な加速感を実現。経済性にもすぐれており、ターボエンジン搭載車は21.8㎞/L(2WD)、1.0リッターは24.6㎞/L(2WD)のJC08モード燃費を実現している。全車アイドリングストップ機構が採用され、エコカー減税にも対応する。足まわりは、前ストラット、後トーションビーム(4WDはトレーリングリンク車軸式)の組み合わせ。フロントスタビライザーを全車に装着し、ターボエンジン搭載車はリヤスタビライザーを装着して乗り心地と安定性のレベルアップが図られた。安全装備についても街乗りでの事故被害軽減を主眼とした「衝突回避支援システム(スマートアシストII)」が装備されている(X、Gを除く)。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ タンクの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ タンク 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ タンクを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP