トヨタ 2013年06月~モデル(マークX )の買取・査定相場

トヨタ マークX
トヨタのアッパーミドルセダンとしてトヨペット店の主力モデルとなっているのがマークX。ひと世代前のモデルのときにマークⅡからマークXに車名を変更し、2009年10月にマークXになってから2代目のモデルが登場した。「魅力的なスタイリング」と「運転する楽しさ」にこだわり、マークXのアイデンティティを強化することをテーマに開発された。3眼を協調するヘッドライトのデザインは初代マークXを継承するもので、スタンダード、プレミアム、スポーツの3種類のモデルが用意されている。インテリアは広がり感とドライビングプレジャーの両立を目指したもので、3タイプそれぞれの個性が表現されている。ボディは全長やホイールベースは従来と変わらないものの、全幅は20mm拡大して1795mmとなった。これはクラウンなどと同じ数値であり、国内での使い勝手を考えたときの限界ともいえるサイズである。搭載エンジンはV型6気筒の2.5リッターと3.5リッターの直噴仕様で、3.5リッターは直噴とポート噴射の両方の噴射方式を持つ。すでにレクサスの各モデルやクラウンなどに搭載されているエンジンで、全車に電子制御6速ATが組み合わされる。最新の車両挙動安定装置であるVDIMを上級グレードに標準装備するほか、350Sにはアクティブステアリング統合制御付きが装備される。可変ギア比ステアリングや駆動力統合制御システムなども用意される。安全装備・快適装備とも充実した仕様が用意される。2012年8月にはマイナーチェンジを行い、バンパー(フロント・リヤ)、フロントグリル、リヤコンビネーションランプの意匠を大幅に変更したほか、印象的なデザインのバイキセノン式ディスチャージヘッドランプ&LEDクリアランスランプを採用するなど、スポーティさと上質さを向上させたスタイルに一新。外板色には新色ダークレッドマイカメタリック、ダークブルーマイカを含む、全6色を設定した。同時に自社開発によるスポーツコンバージョン車シリーズの第4弾として、「“CONTROL AS YOU LIKE”~意のままに操る喜びを~」をコンセプトとした、“G SPORTS(通称G's(ジーズ))”を新設定して2012年10月から発売した。2013年2月にはG'sにカーボンルーフを採用した特別仕様車「250G“Sパッケージ・G's カーボンルーフ Ver.”」と「350S“G's カーボンルーフ Ver.”」を設定して2013年6月に100台限定で発売すると発表した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ マークXの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ マークX 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ マークXを一括査定した人の口コミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にマークXの買取価格を比較したユーザーの口コミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

北海道 60代男性
査定時期 2017年1月
最高売却額
150.0万円
見積り数
4社:最大0.0万円
査定満足度
3.0
グレード
250G“Sパッケージ・G’s カーボンルーフ Ver.”(AT_2.5)
年式
2013年/平成25年
走行距離
70,001~75,000
口コミをもっと見る
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP