トヨタ エスクァイア 2014年10月~モデルの買取・査定相場

トヨタ エスクァイア
トヨタは新型の上級コンパクトミニバンとしてエスクァイアを開発し、2014年10月29日に発売した。エスクァイアはノア/ヴォクシーをベースに開発され、内外装に豪華な仕様を備えるのが特徴。扱い販売店はトヨタ店とトヨペット店の2チャンネルとなる。外観デザインは大きな開口部を持つT文字形状の縦型フロントグリルが特徴で、アルファードなどの高級ミニバンを思わせる堂々たる印象を与えている。3列目まで続くサイドガラスエリアが開放感を、前方から後方に向けてせり上がるベルトモールが躍動感を表現している。エスクァイアの特徴を端的に示すのがインテリアで、インパネからドアトリムへ続く合成皮革の表皮を始め、ステアリングホイールやシフトノブに採用された本革巻きや黒木目調の加飾、ピアノブラック塗装などが、上質巻や高級感の追求を示している。基本パッケージングはノア/ヴォクシーのもので、低床フラットフロアを採用することでミニバンとしてはやや抑えた全高ながら広々とした室内空間と優れた乗降性、広くて使い勝手の良い荷室空間などを作っている。7人乗り仕様車の2列目には独立したキャプテンシートを採用し、横スライドのほか3列目シートをスペースアップすることでロングスライドを可能とした。エスクァイアにはガソリン車とハイブリッド車がラインナップされている。ガソリン車には2.0リッターエンジンが搭載され、112kW(152ps)/193N・mの動力性能を発生する。ハイブリッド車は73kW(99ps)/142kWを発生する1.8リッターエンジンに60kW(82ps)/207N・mの電気モーターを組み合わせ、システムとして100kWを発生する。ガソリン車はアイドリングストップ機構などの採用により、16.0km/Lのクラストップの低燃費を実現し、ハイブリッド車はさらに優れた23.8km/Lライバル車の燃費を達成している。先進装備は駐車を支援するインテリジェントパーキングアシストやTコネクト対応のカーナビなどを設定した。安全装備はステアリング制御付きの横滑り防止装置であるS-VSCやヒルスタートアシストなどが標準で装備される。グレードはガソリン車、ハイブリッド車ともXiとGiの2グレードが設定され、ハイブリッド車は7人乗りのみだが、ガソリン車はそれぞれのグレードに8人乗りの設定もある。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ エスクァイアの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ エスクァイア 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ エスクァイアを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP