トヨタ 2023年11月~モデル(クラウン(セダン) )の買取・査定相場

トヨタ クラウン(セダン)
トヨタは、新型「クラウン(セダン)」を2023年11月2日に発表、同日より注文の受け付けを開始し、同年11月13日に発売する。新型「クラウン(セダン)」は、クラウンブランド第2章の3つめとなるモデルだ。「快適な乗り心地と上質な走りとともに、ショーファーニーズを満たすくつろぎの空間を創出。正統派セダンを再定義する新スタイルで、パーソナルにもビジネスにも応える“ニューフォーマル”という新たな価値観に挑戦し、“セダン再発見”を感じさせるクルマに仕上げたとアナウンスされている。ボディサイズは全長×全幅×全高=5030×1890×1475mmで、ホイールベースは3000mm。外装デザインでは、新世代クラウンでは唯一のFRプラットフォームを生かした、水平基調の伸びやかなプロポーションを採用。また、鋭さとワイド感を強調する「ハンマーヘッド」と、縦基調のパターンを施した大型台形グリルの「アンダープライオリティ」を組み合わせて、フラッグシップモデルとしての存在感を強調している。その他、ワイドな横一文字のテールランプを装備した。内装デザインは、「アイランドアーキテクチャー(ディスプレイやシフトなどの各種機能をひとくくりにして、島=アイランドのように配置するデザイン)」を活かし、運転席と助手席をアシンメトリーにコーディネート。また、インストルメントパネル左右や前席足元、リヤドアトリム左右には全64色に色替え対応可能なLED照明を配置している。さらにショーファーニーズに応えるべく、足元のスペースを広くしたほか、リラクゼーション機能や日差しを遮る電動式サンシェードなどを設置した。加えて、サスペンションセッティングの最適化やAVSで減衰力を制御して、旋回時の揺れや荒れた路面の揺れの抑制を図っている。グレードはZの単一構成となるが、水素による燃料電池車(FCEV)と2.5リッターハイブリッド車の2種類を設定。FCEVは既にMIRAIに搭載されている高性能FCシステムを採用しており、最高出力134kW(182PS)、最大トルク300Nmを発生するモーターと、3本の高圧水素タンクと燃料電池などを搭載し、1回あたり約3分の水素充填で約820km走行できるという。もう一方のハイブリッド車には、トヨタ初となる新開発のマルチステージハイブリッドシステムを搭載。最高出力136kW(185PS)、最大トルク225Nmを発生する2.5リッター直4ガソリンエンジンとふたつのモーターに加えて有段ギアを組み合わせている。その結果、あらゆる車速域からのアクセル操作に応える駆動力を実現し、従来はエンジン最高出力を使用できる車速領域が約140km/hからだったものが、このシステムでは約43km/hから使用可能になったという。その他、FCEVは外部給電器の接続により、大出力の電力を住宅や電気製品に供給可能。また両モデル共通で、車内の2ヵ所のアクセサリーコンセント(AC100V 1,500W)で電気製品を利用することができる。安全装備面では、最新のToyota Safety Senseを標準で装備。プロアクティブドライビングアシストやブラインドスポットモニターなどに加えて、トヨタチームメイト[アドバンストドライブ(渋滞時支援)]や[アドバンストパーク(リモート付)]を設定しているのも同様だ。ボディカラーは、プレシャスホワイトパール、プレシャスシルバー、プレシャスブラックパール、プレシャスメタル、プレシャスブロンズ、マッシブグレーの全6色を設定した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ クラウン(セダン)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ クラウン(セダン)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP