トヨタ センチュリー 2013年05月~モデルの買取・査定相場

トヨタ センチュリー
トヨタのフラッグシップサルーンとなるセンチュリーが30年ぶりにフルモデルチェンジされたのは1997年4月。従来の気品と安心をより進化させることを念頭に開発された。外観の基本イメージはこれまでのスタイルをほぼ継承している。最大の特徴はエンジンで、トヨタ初のV型12気筒DOHCが搭載された。これはVVT-i機構の採用や電子制御スロットルなどによる静粛性と、余裕ある走りを実現している。さらに、国土交通省の低排出ガス車認定制度における★★★★や平成22年度燃費基準を達成。トランスミッションは6速ATのみ。インテリアはインパネやコンソールに、同一素材からの切り出しにより模様が統一された本木目を採用。後席尊重の装備として制振材、吸遮音材の各所への配置、電子制御サスペンションによるしなやかな乗り心地、前後の席で独立した温度設定が可能なデュアルオートエアコンなども採用する。後席にはシート表面から冷風を吹き出すコンフォータブル・エアシートが設定される。デュアルSRSエアバッグ、運転席・助手席と後席両サイド席用に4つのサイドエアバッグを全車に標準装備したのをはじめ、ABS、TRC、タイヤ空気圧警報システムなども標準装備する。2006年1月の改良では、メーター内にフォグランプなどのインジケーターを追加したほか、シートベルト未装着警告音なども設定した。2008年1月にはディスチャージヘッドランプや地デジチューナーを装備した。2010年8月には、バックガイドモニターやETCを標準装備するなど装備を充実させた。2013年5月には一部改良を実施して、地上デジタルTVチューナーを4チューナーに増強し受信性能を向上させるとともに、リモコン受光部を前席にも設定し操作性を高めた。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
トヨタ センチュリーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

トヨタ センチュリー 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

トヨタ センチュリーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP