スバル インプレッサ スポーツ 2016年10月~モデルの買取・査定相場

スバル インプレッサ スポーツ
スバルは「インプレッサスポーツ」をフルモデルチェンジし、2016年10月25日に発売(1.6リッターエンジン搭載グレードは12月20日発売)した。初代のスポーツワゴンから数えると5代目となる5ドアハッチバックモデル。次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」をはじめとする様々な新技術を投入し、「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を目指して開発されている。新デザインフィロソフィー「ダイナミック×ソリッド」を量産モデルとして初めて全面採用。機能性とデザイン性を両立させ、内外装の細部の仕上げに磨きをかけることでコンパクトクラスの枠にとらわれることなく高い質感を実現した。ワイド&ローを強調し、ヘキサゴンモチーフのフロントグリルを採用し、フロントガラスを傾斜させるとともにルーフ後端を下げることで居住空間を犠牲にすることなく、空力的に有利なフォルムを実現。リヤも大型ルーフスポイラーや翼端板、フィン形状のリヤバンパーなどにより、空力性能を考慮したまとまりを見せる。インテリアはステッチを施して質感を向上させたインパネに、機能性を高めたスバルらしいデザインを採用。シートは表皮材のラミネートウレタンの厚みを見直し、立体的な造形を演出。手触りや座り心地を向上させている。マルチファンクションディスプレイ(MFD)の表示デザインも一新し、オプションのナビゲーションシステムは8インチとすることで見やすさや使い勝手にも配慮した。パッケージングについても前席の足元スペースを広げ、ステアリングのチルト&テレスコピックのストロークを拡大することで最適なドライビングポジションが得られるようにした。後席足元スペースも拡大されており、ラゲッジルームは先代+5リットルの385リットルの容量を確保。小物の吊り下げに便利やフックや汚れた荷物などが収納できる床下収納(サブトランク)も設置されている。また、全幅は35㎜拡大されたもののドアミラーを含めた幅は変わらず、5.3mの最小回転半径も先代と同じ。取り回し性のよさは相変わらずだ。パワーユニットは2タイプ。最高出力113kW(154ps)、最大トルク196Nmの2.0リッター4気筒直噴と、最高出力85kW(115ps)、最大トルク148Nmの1.6リッターを用意する。AWDとFFが設定されており、いずれもリニアトロニック(CVT)の組み合わせとなる。燃費は2.0リッターがクラストップレベルの16.8(FFは17.0)㎞/L、1.6リッターが17.0(FFは18.2)㎞/Lを実現している。新プラットフォームによってボディとサスペンションの剛性は大幅に向上し、運動性能と乗り心地を高いレベルで両立。ステアリングギヤボックスの機構部と制御も見直されて、操舵フィーリングと応答性を向上し、ギヤ比も従来の14.5から13.0のクイックな設定とすることで取り回し性が高められている。静粛性や乗り心地についてもフレームワークの一新、プラットフォームと上屋骨格の結合強化などにより、ねじり剛性などの車体剛性を強化することで振動騒音を抑制。さらにサスペンションの改良、スタビライザー取り付け位置の変更、ダンパー減衰力とバネ定数の最適化などで快適な乗り心地を実現した。安全性能についても国産では初となる歩行者保護エアバッグとアイサイトバージョン3を全車に標準装備。新プラットフォームにより危険回避性能を向上するとともに、衝突エネルギー吸収量を先代に対して1.4倍とするなど、衝突安全性能を飛躍的に向上させている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
スバル インプレッサ スポーツの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

スバル インプレッサ スポーツ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

スバル インプレッサ スポーツを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP