三菱 新型ミラージュ 2016年01月~モデルの買取・査定相場

三菱 新型ミラージュ
三菱自動車はタイ製のコンパクトカーであるミラージュに、内外装のデザイン変更やパワートレーンの集約によるバリエーションの変更、装備の充実化など、大幅な改良を加え、2016年1月14日に発売した。新バリエーションは動力性能と燃費性能に優れる1.2リッターのMIVECエンジン搭載車のみの設定となった。グレードは上級装備のGと充実装備のMの2グレード展開で、いずれも予防安全技術のe-アシストを標準装備した。外観デザインはクロームメッキで加飾したフロントグリルが特徴で、ボリューム感のあるボンネットフードや下部にエアダム形状を配したスポーティなフロントバンバーを採用した。さらにライトチューブ式LEDポジションランプを組み込んだ省電力ディスチャージヘッドライトをGに採用した。リヤもワイド&ローの印象を与える大型バンパー、存在感のあるLEDリヤコンビランプ、優れた空力性能と後方視認性を両立する新形状のルーフスポイラーなどを採用した。インテリアは上級グレードのGに、ステアリングホイールとスポークの一部をピアノブラック&メッキ加飾として上質感を向上させたリモコンスイッチ付きの本革巻ステアリングホイールを採用した。また、Gはブラック内装とし、シートのサイドにステッチを採用した。Mはブラック&アイボリー内装とし、それぞれ質感を高めた新デザインのシートを採用した。ラゲッジフロアに分割収納が可能なカーゴフロアボックスを採用して収納性を高めたほか、後席シートバックを前倒しした際にラゲッジフロアをフラットに出来るなど、積載性を向上させている。安全装備のe-アシストは、低車速域衝突被害軽減ブレーキシステムのFCM-Cityと誤発進抑制機能(前進時)を標準装備した。足回りは、リヤスプリングのバネ定数と、フロント及びリヤショックアブソーバーの減衰力を最適化し、ボディ側の取付部の剛性を高めたことで、操縦安定性と走りの質感を向上させた。電動パワーステアリングの制御を改良し、より自然な操舵感を実現。ステアリングを戻す方向のフィーリングを改善した。CVTのクラッチ制御を改良し、駆動トルクを遮断することでアイドリングストップ後のエンジン始動時のショックを抑制し、ダウンシフト制御も見直して、中間加速時のレスポンスを向上させている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 新型ミラージュの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 新型ミラージュを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP