三菱 2023年12月~モデル(ミニキャブEV )の買取・査定相場

三菱 ミニキャブEV
三菱自動車は、ワンボックスタイプの軽商用電気自動車(EV)の新型「ミニキャブEV」を2022年11月24日に発表、同年12月21日に発売した。「ミニキャブEV」は軽商用電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」をベースに、同車の開発・メンテナンスで得られたノウハウを最大限に活かして大幅改良を施したモデルだ。モーターや駆動用バッテリーなど電動系コンポーネントを新世代化して、WLTCモードでの一充電走行距離を従来比で約35%増となる180kmに延長。AC200V(15A)での普通充電では約7.5時間で満充電になり、オプション設定の急速充電機能を使えば、最大出力電流が60A以上の場合、約42分で80%までの充電が可能という。また、新型モーター・インバーターを採用するとともに一体化構造とすることで、静粛性の向上を図っている。加えて、駆動用バッテリーの電池容量は、従来の16.0kWhから25%アップの20.0kWhに変更した。安全機能も充実化され、衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報システム、オートマチックハイビーム、誤発進抑制機能(前進時)などの予防安全技術「三菱e-Assist」を採用。急な坂道で発進時の後退を抑制する昼スタートアシストも追加装備されている。機能装備では、車両から電気を取り出せるアクセサリーコンセント(AC100V、最大1500W)をフロアコンソール背面に設置したことで、災害などの緊急時に消費電力の大きい電化製品を利用可能とした。またインスタントパネルには、充電用USBポート(タイプCおよびタイプA)をオプション設定するとともに、スマホトレーを併設した。その他、前後ショックアブソーバーの減衰力特性を見直して、乗り心地を向上するとともにキャビンの揺れを抑制。また回生ブレーキを積極的に活用するBポジション時の回生力を強めることで実用電費を高めたという。パワートレーンは最高出力31kW(42PS)、195Nmを発生する電動モーターを搭載した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 ミニキャブEVの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 ミニキャブEV 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

三菱 ミニキャブEVを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP